エイドリアン・スーティルの2013年06月のF1情報を一覧表示します。

エイドリアン・スーティル:F1イギリスGP プレビュー

2013年6月25日
エイドリアン・スーティル (フォース・インディア)
エイドリアン・スーティルが、F1イギリスGPへの意気込みを語った。

エイドリアン、ここ2レースでポイントを獲得し、シルバーストンへ向けてのフィーリングはポジティブに違いありません。
あのような結果を得られたのは重要だと思う。特にモナコの5位はね。シーズン序盤にチャンスを逃してきたことを忘れるのに役立っている。カナダのレースも良いスピードがあったし、レース中に僕に起こった全てのことを考えれば、ポイントを獲れて良かった。

エイドリアン・スーティル 「ルイス・ハミルトンとの関係は壊れたまま」

2013年6月24日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、ルイス・ハミルトンとの関係は壊れたままだと述べた。

モナコGPでルイス・ハミルトンは、再びエイドリアン・スーティルとの友好関係を戻したいと語っていた。

ルイス・ハミルトンとエイドリアン・スーティルは、F3時代からの友人であったが、2011年にルイス・ハミルトンが、エイドリアン・スーティルの暴行事件で証人として出廷することを拒否したことで、二人の関係は壊れた。

エイドリアン・スーティル 「ピレリのタイヤに問題はない」

2013年6月19日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、タイヤをうまく労われるというフォース・インディアの強みが、ピレリは何も間違った仕事をしていないことを示していると考えている。

今年ピレリは、ピットストップ数の多いレースを非難され、より保守的な製品を作ることを迫られるようになった。

だが、エイドリアン・スーティルは、過度なデグラデーションに対する責任はチーム側にあり、フォース・インディアはそれが可能であることを示していると考えている。

エイドリアン・スーティル、フォース・インディアでの成功に自信

2013年6月17日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、フォース・インディアでの成功を確信していると述べた。

エイドリアン・スーティルは、暴行事件で有罪判決を受けたこともあり、1年間F1から離れていたが、今年フォース・インディアでF1復帰し、力強いパフォーマンスをみせている。

2014年について質問されたエイドリアン・スーティルは「まだ言うには時期尚早だ。現時点では、フォース・インディアとF1にいることに満足している」とコメント。

エイドリアン・スーティル:F1カナダGP プレビュー

2013年6月5日
エイドリアン・スーティル (フォース・インディア)
エイドリアン・スーティルが、F1カナダGPへの意気込みを語った。

エイドリアン、モナコでの5位フィニッシュは公国でのベストリザルトでしたが、どのような気分でしたか?
とても素晴らしい気分だったよ。4つの難しいレースの後、僕はこの結果を出すために準備してきた。僕たちはいくつかチャンスを逃してきたけど、クルマのポテンシャルはわかっていたので、ポジティブなままでいるためにベストを尽くしてきた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム