SUPER GT 結果 SUGO
2018年のSUPER GT 第6戦『SUGO GT 300km RACE』の決勝レースが9月16日(土)にスポーツランドSUGOで行われた。GT500クラスはポールポジションのNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が優勝。元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンにとっては、うれしい初勝利となった。GT300クラスもポールポジションのNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が実質のトップを譲ることなく完勝した。

第6戦の決勝レースは秋の好天に恵まれ、午後2時ちょうどに宮城県警察の白バイ5台とパトロールカー1台の先導のもと行われた1周のパレードラップ、そして1周のフォーメーションラップを経てスタートした。

序盤はポールポジションのNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴)と予選2位のNo.12 カルソニック IMPUL GT-R(ヤン・マーデンボロー)が僅差で好バトルを展開。そして22周目にはカルソニック IMPUL GT-RがRAYBRIG NSX-GTを抜き、トップに立つ。このまま逃げ切りたいマーデンボローだったが、山本も1~2秒差で食らいついていく。そしてルールで定められたピットインは、先にRAYBRIG NSX-GTがこなし、続いてカルソニック IMPUL GT-Rが行う。ここでは作業の速かったRAYBRIG NSX-GT(ジェンソン・バトン)が前に出る。

後半もこの2台の息詰まるバトルが続くが、カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹)に不調が出たようでコースアウトをするなどペースが乱れ、追い上げてきたNo.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀)に抜かれてしまった。レース終盤にはGT300クラスの車両のクラッシュでセーフティカーが入り、バトンの背後に野尻がぴったり付いて残り6周のNSX-GT同士の一騎打ちに。NSX-GTでは先輩格の野尻に、今季からレギュラー参戦するF1ワールドチャンピオンも一歩も引かず。RAYBRIG NSX-GTは、0.5秒差で辛くも逃げ切って優勝を果たした。ジェンソン・バトンにとっては、NSX-GTをドライブして7戦目で待望の初優勝。山本/バトン組はこの勝利で、ドライバーズ・ランキングのトップに立つこととなった。2位もARTA NSX-GTと、Honda NSX-GTが入り、3位に不調を耐えきったカルソニックIMPUL GT-Rとなった。LEXUS LC500勢では、No.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)が5位に入っている。

GT300クラスは、ポールポジションからスタートしたNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORTの井口卓人が好スタートを決め、後続をぐんぐん引き離す。10周で7秒近いマージンを作ると、その後は所定のピットイン以外ではトップを譲らない。後半も、セーフティカー後の争いも山内英輝が危なげなく逃げ切って、2016年第6戦鈴鹿以来の優勝を果たした。2、3位には、No.10 GAINER TANAX triple a GT-R(星野一樹/吉田広樹)、No.0 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)が入った。

GT500クラス
No.100 RAYBRIG NSX-GT
山本尚貴
「やっと、このコンビで優勝できました。序盤はうまくいったのですが、途中から路面温度が高くなってきて、僕が履いていたソフトタイヤでは少し苦しくなってきました。でも、何とか踏ん張ってJB(ジェンソン・バトン)に繋ぎました。彼はミディアムタイヤで出て行ったのですが、今度は終盤になって路面温度が下がってきて苦しかったみたいです。とても難しいレースでしたが、チームも完璧なピット作業で支えてくれました。皆さん、本当にありがとうございました」 ジェンソン・バトン「ありがとうございます! 今回のレースでもいろいろ勉強させてもらいました。最終コーナーでは、12号車が目の前でミスを犯してコースアウトしましたが、そのあとで僕自身も同じミスをしてしまいました。それに最後に来てセーフティカーが入ってきて…。本当に厳しいレースになりましたが、ナオキさん(山本尚貴)と一緒に優勝することができて本当に最高の気持ちです」

ジェンソン・バトン
「ありがとうございます! 今回のレースでもいろいろ勉強させてもらいました。最終コーナーでは、12号車が目の前でミスを犯してコースアウトしましたが、そのあとで僕自身も同じミスをしてしまいました。それに最後に来てセーフティカーが入ってきて…。本当に厳しいレースになりましたが、ナオキさん(山本尚貴)と一緒に優勝することができて本当に最高の気持ちです」

GT300クラス
No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT
井口卓人
「今シーズンは一度表彰台に乗ったきりで、それ以外の多くのレースではトラブルに見舞われたりして、結果を出すことができていませんでした。僕たち自身も悔しい思いをしてきましたが、SUBARUファンにも申し訳なかった。だから今日、ファンの皆さんの前で優勝することができて本当に嬉しいです。でも、何よりも嬉しいのは、メカニックさんたちの苦労が(優勝で)報われたこと。それが一番嬉しいです」

山内英輝
「ここまで、本当にいろんなことがありました。そのたびにメカニックさんたちは夜遅くまで作業をして、クルマの準備をしてくれました。それなのにまたいろいろトラブルが出て…。でも、それでもまた夜遅くまで作業してクルマを準備してくれて…。だから今日は、そのメカニックさんたちの努力に結果(優勝)で応えることができて嬉しいです。最高の週末になりました」

2018年 SUPER GT 第6戦 SUGO 結果 (GT500)

Po.No.マシンドライバタイヤWH
1100RAYBRIG NSX-GTジェンソン・バトン/山本尚貴BS80
28ARTA NSX-GT伊沢拓也/野尻智紀BS68
312カルソニック IMPUL GT-Rヤン・マーデンボロー/佐々木大樹
BS36
416MOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀/中嶋大祐YH16
538ZENT CERUMO LC500立川祐路/石浦宏明BS60
624フォーラムエンジニアリングADVAN GT-Rジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星明誠YH26
723MOTUL AUTECH GT-R松田次生/ロニー・クインタレッリ
MI70
83CRAFTSPORTS MOTUL GT-R千代勝正/本山哲MI18
96WAKO’S 4CR LC500ジェームス・ロシター/大嶋和也BS68
1017KEIHIN NSX-GT小暮卓史/塚越広大BS76
1139DENSO KOBELCO SARD LC500ヘイキ・コバライネン/小林可夢偉BS70
1236au TOM’S LC500中嶋一貴/関口雄飛BS80
1364Epson Modulo NSX-GTベルトラン・バゲット/松浦孝亮DL6
141KeePer TOM'S LC500ニック・キャシディ/平川亮BS94
1519WedsSport ADVAN LC500山下健太/国本雄資YH30


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: SUPER GT