レッドブル、スーパーフォーミュラ最終戦に若手有望株ユーリ・ビップス
レッドブルは、スーパーフォーミュラ最終戦にジュニアチームの若手有望株であるユーリ・ビップス(19歳)を送り込む。

今年、レッドブルはTEAM MUGENからダニエル・ティクトゥムを参戦させたが、成績不振を理由にシートを喪失するとともに、レッドブルのプログラムからも外された。

後任としてレッドブルはインディカーで活躍したパトリシオ・オワードを送り込んだが、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「我々が想像していたほど状況はうまくいっていない」と評価していた。

そして、来週末の最終戦を控えた10月18日(金)、TEAM MUGENはパトリシオ・オワードに代わって最終戦でユーリ・ビップスを起用することを発表。ユーリ・ビップスはFIA-F3に参戦し、ランキング4位でシーズンを終えている若手有望株。角田裕毅とともにレッドブルジュニアの次のF1候補として期待がかけられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / スーパーフォーミュラ / レッドブル