ステファンGP
ステファンGPのゾラン・ステファノヴィッチ代表は、USF1と進めていた合併交渉が決裂したことを明らかにした。

ゾラン・ステファノヴビッチは、USF1の支援者であるチャド・ハーリーとともにUSF1との合併について交渉を行っていた。

しかし、USF1のチャド・ハーリーからのポジティブなオファーがあったにも関わらず、交渉は決裂したとゾラン・ステファノビッチは語る。

「我々が何日にもわたって交渉をしていたのは事実だ。しかし、特定な人物の意固地な考えによって、ヨーロッパ時間の木曜の午後に完全に破綻した」

「交渉を妨害したのは、我々との議論を受け入れてくれたチャド・ハーリーではなく、他の投資家であることを強調したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ステファンGP | USF1