FIA、F1シンガポールGP向けにAOMポーパシングメトリックを微調整
FIA(国際自動車連盟)は、シンガポールのマリーナ・ベイ市街地コースのバンピーな性質を考慮して、車のポーパシング/バインシングに関連するAOM(Aerodynamic Oscillation Metric/空力振動測定基準)をわずかに微調整した。

グラウンドエフェクトカーに変貌を遂げた新世代F1マシンが被ったポーパシングと高周波バウンシングの問題が広まったことを受けて、FIAはスパ・フランコルシャンで開催されたF1ベルギーGPで、安全性の理由から、車のバンシングとボトミングを制限するAOMを導入した。

AOM の制限を超える車は、イベントから除外されるリスクがあるが、これまでのところ、規定の基準に違反して裁定を受けたチームはいない。

しかし、2019年にF1が最後に訪れたトラックであるマリーナ・ベイ市街地コースでの今週末のシンガポールグランプリに先立ち、トラックのバンピー性質により、メトリックの制限を平均して超える不注意な振動スパイクが発生する可能性があることが懸念されていた。

しかし、ポーパシングではなく路面の隆起によって引き起こされるスパイクの読みを補うために、FIAは7Gの上限を設定することにより、その測定基準にいくらかのマージンを追加した。

今年のレースに向けて、シンガポールグランプリの主催者は、マリーナ・ベイ市街地コースの 3 つのセクションを再舗装して、バンプを最小限に抑え、トラックでポーパシングが発生する可能性を低くした。

シンガポールのバンプは、マリーナ・ベイ市街地コースでメルセデスが注目を浴びる可能性がある。

「ここでクルマがうまく機能することを願っている」とルイス・ハミルトンは木曜日にメディアに語った。

「でも、それは実際にどれだけでパンピーであるかに依存する」

「多くの実証で、バンプがマシンを動かし、乱している。だから、僕たちはバンピーであることを知っている。マシンはうまくいくかもしれないし、うまくいかないかもしれない」

「だから、予想はしていません。直面していることが何であれ、最高の週末を過ごせるように努力する」

シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1シンガポールGP / F1マシン / FIA