F1 セルゲイ・シロトキン
セルゲイ・シロトキンは、引き続きF1スーパーライセンスの取得を目指している。

ザウバーは、財政危機の2013年にロシアとの救済契約の一貫としてセルゲイ・シロトキンをF1デビューさせる方向で話を進めていた。

しかし、最終的にセルゲイ・シロトキンは2014年はテストドライバーとしてザウバーに留まり、主な活動としてフォーミュラ・ルノー3.5へ参戦することになっている。

ザウバーのチーム代表モニーシャ・カルテンボーンは、「すべては予定通りに進んでいます」と Formula 1news.ru にコメント。

「彼にはフォーテックのシート(フォーミュラ・ルノー3.5)があります。彼は素晴らしい結果を出せると確信しています。そのあと、次のステップについて考えていくつもりです」

セルゲイ・シロトキンの母国ロシアでは10月に初グランプリが予定されており、次のステップはソチでの金曜フリー走行への参加が考えられる。

「我々がその可能性について調査しているのは確かです」とモニーシャ・カルテンボーンは述べた。

「ですが、そのためにはまず第一にスーパーライセンスが必要です。それが我々が現在取り組んでいることです。どのようについてそれを実現させられるかを考えています」

セルゲイ・シロトキンは、レース後のシーズン中、バーレーンもしくはバルセロナ、シルバーストンで開催されるテストでFIAスーパーライセンスの資格を得ることに取り組むと述べた。

「数ヶ月以内に公式F1テストがあるし、それを手に入れる予定だ」とセルゲイ・シロトキンは Izvestia に述べた。

「300kmを走る運転し、競争的である必要がある。スーパーライセンスを手に入れたら、金曜日について話していくつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルゲイ・シロトキン / ザウバー