ブルーノ・セナの2011年10月のF1情報を一覧表示します。

ブルーノ・セナ、野良犬の進入防止を訴える

2011年10月29日
F1インドGP
ブルーノ・セナは、F1インドGP金曜日のフリー走行1回目で野良犬がコース内に侵入した件について、ドライバーズミーティングで問題を提起するつもりだと述べた。

ブルーノ・セナは、2008年にGP2のトルコGPで、レース中に野良犬を轢いてしまい、フロントサスペンションを大破させた経験がある。

ブルーノ・セナ:F1インドGPプレビュー

2011年10月22日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、F1インドGPへの意気込みを語った。

韓国は難しい週末でしたね。あなたの見解は?
正直、問題だらけな週末だった。金曜日は走行が制限されてしまったし、マシンのバランスと空力に問題を抱えていた。土曜日もタフな時間に耐えなければならなかった。予選でうまくやることができなかったし、15番グリッドで終えることになってしまった。

ブルーノ・セナ、2012年のロータス・ルノーGPのシート確保に暗雲

2011年10月20日
ブルーノ・セナ
ロータス・ルノーGPが2012年のドライバーラインアップを決断しようとしているこの時期、ブルーノ・セナは韓国で株を下げてしまった。

F1韓国GPで、ブルーノ・セナは予選でヴィタリー・ペトロフの7グリッド後方となり、レースではチーム・ロータスの前の13位でフィニッシュした。

今シーズン、ロータス・ルノーGPは3レースを残してフォース・インディアに23ポイント差をつけており、おそらくコンストラクターズ5位は安泰だといえる。

ブルーノ・セナ “Senna Tri Campaign”ヘルメット

2011年10月15日
ブルーノ・セナ Senna Tri Campaign
ブルーノ・セナは、F1韓国GPで“Senna Tri Campaign”をプロモートした特別デザインのヘルメットを装着している。

ブルーノ・セナは、先週のF1日本GPで同キャンペーンを発表。“Senna Tri Campaign”は、アイルトン・セナが3度目のワールドチャンピン獲得してから20周年を記念すると同時に、ブラジルの恵まれない人々に食糧、衣類、教育を促進しようというアイルトン・セナ財団の活動を表したキャンペーン。

ブルーノ・セナ:F1韓国GPプレビュー

2011年10月13日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、F1韓国GPへの意気込みを語った。

日本のレースはいかがでしたか?
鈴鹿はちょっとタフなレースだったね。スタートは厳しかった。ターン2で割り込まれてしまい、いくつかポジションを失ってしまった。最終的にヴィタリーが発揮していたようなレベルのパフォーマンスが僕のマシンにはなかったと思う。

ブルーノ・セナ:F1日本GPプレビュー

2011年10月2日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、F1日本GPへの意気込み、鈴鹿サーキットの印象を語った。

シンガポールでの週末をどのように考えていますか?
個人的にはかなりポジティブな週末だった。学習曲線のこの時期にいかなるミスも排除できたのはポジティブなことだ。エンジニアと完全なプログラムに非常にうまく取り組むことができたし、彼らとの作業はどんどん良くなってきている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム