ミハエル・シューマッハ メルセデスGPでF1復帰
ミハエル・シューマッハが、メルセデスGPと1年契約を結びF1復帰をすることが決定したとドイツのBild紙が報じている。契約は700万ユーロとしている。

F1ワールドチャンピオンを7度獲得したミハエル・シューマッハは、2006年にF1を引退。その後はフェラーリのアドバイザーとして、市販車の開発やF1マシンのテストを行ってきた。

今年、フェリペ・マッサが負傷した際に代役としてのF1復帰が報じられたが、2月にバイクレースで負傷した首が完治していないとして断念していた。

ミハエル・シューマッハとメルセデスGP両陣営は、この報道について沈黙を貫いている。

関連:メルセデスGP、ミハエル・シューマッハの起用を正式発表 - 2009年12月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ | メルセデス