ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、2012年末でF1を引退することを木曜日の鈴鹿で発表した。

先週のルイス・ハミルトンのメルセデス加入の発表後、ミハエル・シューマッハは鈴鹿で記者会見を実施。2度目の引退をすることを発表した。

「僕たちは目標を達成できなかったけど、キャリア全体の業績には満足している」

「ダイムラー、メルセデス・ベンツ、チーム。僕のエンジニアとメカニックの信頼に感謝したい」

「今はシーズン終了まで集中し、レースを一緒に楽しみたい」

ミハエル・シューマッハは、2006年末にフェラーリで1回目の引退をしたときのように、自分のエネルギーと熱意が弱まり始めたと感じたと述べた。

「(これについては)ずっと考えていた」とミハエル・シューマッハは述べた。

「僕たちには3年契約があったし、モチベーションとエネルギーを維持するのは難しかった。若いとき以上にそのようなことを考えるのは当然のことだ」

「エネルギーが続くかどうかにかかわらず、しばらくの間、疑念を抱いていた。僕は2006年にバッテリーが空だといったし、今はレッドゾーンにいる。時間がそれらを再充電してくれるかどうかはわからない。でも、自由を楽しみにしている」

「悪い感情はない。僕たちは異なる方向で大きなことを成し遂げた...」

「今は、自分のやっていることを100%集中するつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ | メルセデス