ミハエル・シューマッハの2014年06月のF1情報を一覧表示します。

捜査員、シューマッハの医療資料を盗んだ“Kagemusha”の特定を急ぐ

2014年6月26日
ミハエル・シューマッハ
捜査員は、ミハエル・シューマッハの盗まれた医療ファイルを売ろうとしている犯人の身元の特定に迫っているという。

ミハエル・シューマッハが入院していたグルノーブル大学病院から医師が記したミハエル・シューマッハの容態についてのサマリーとされている資料が盗まれたことが明らかになっており、Bild は、その資料がメディアに対して約5万ユーロ(約693万円)という値で売り込まれていると報道。

盗まれたミハエル・シューマッハの資料は“容態のサマリー”

2014年6月25日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハはほぼ6ヶ月間にわたり昏睡状態のままで入院していたグルノーブル大学病院から、シューマッハに関する医療資料が盗まれたことが波紋を呼んでいる。

ミハエル・シューマッハの医療資料は5万ユーロ(約693万円)で市場に出ているとされ、ミハエル・シューマッハのマネジメントは、報道機関にその資料を購入して公表しないように警告した。

ミハエル・シューマッハの医療記録が盗まれ流出の恐れ

2014年6月24日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハのマネジメントは、ミハエル・シューマッハの医療記録とされる文書が盗まれたことを明らかにし、売りに出されて公表されることへの懸念を表明した。

昨年12月のスキー事故で頭部に重傷を負ったミハエル・シューマッハは、その後数ヶ月間にわたって昏睡状態のままフランスの病院に入院していたが、今月16日に昏睡状態から脱したことが発表され、現在はスイスの病院に転院したことが明らかになっている。

ミハエル・シューマッハ、転院の移動中にスタッフの問いかけに反応

2014年6月19日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハの容体についてポジティブなニュースが出てきている。

Blick は、16日(月)にミハエル・シューマッハはフランスとスイス間の200kmを救急車で移動したと報道。ローザンヌ大学病院のリチャード・フラッコウィアック教授による、移動は“とてもうまくいった”とのコメントを紹介した。

病院側 「ミハエル・シューマッハは話せないがコミュニケーションはある」

2014年6月19日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが転院したスイスのローザンヌ大学病院は、ミハエル・シューマッハが“長期的”に入院する可能性があることを認めた。

昨年12月にスキー事故で重傷を負ったミハエル・シューマッハが昏睡状態を脱してグルノーブル大学病院を退院したというニュースは世界中のファンを喜ばせた。

ミハエル・シューマッハの家族、ファンに感謝のメッセージ

2014年6月18日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハの家族を代表して、マネージャーのザビーネ・ケームがファンにむけて感謝のメッセージを公式サイトに掲載した。

今週16日(月)、ミハエル・シューマッハが昏睡状態を脱し、昨年12月の事故以来入院していたグルノーブル大学病院を退院したことが発表された。

現在、ミハエル・シューマッハは、スイスの自宅から約30kmのローザンヌ大学病院に転院している。

サッカー ドイツ代表、4-0の勝利をミハエル・シューマッハに捧げる

2014年6月17日
サッカー ドイツ代表
サッカー ドイツ代表のルーカス・ポドルスキは、ワールドカップ初戦となったポルトガル戦での4-0の勝利をミハエル・シューマッハに捧げた。

ミハエル・シューマッハは、昏睡状態を脱し、グルノーブルの病院を退院したとのニュースが発表された日、ドツはワールドカップ初戦でポルトガルと対戦。4-0で勝利した。

ミハエル・シューマッハ、スイスのローザンヌ大学病院に転院

2014年6月17日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが、16日(水)にフランスのグルノーブル大学病院から、スイスのローザンヌ大学病院(CHUV)に転院したとスイスの放送局 RTS が報じた。

ミハエル・シューマッハの広報担当ザビーネ・ケームは、ミハエル・シューマッハが昏睡状態を脱し、グルノーブルの病院を退院したことを明かにしている。

ミハエル・シューマッハ、昏睡状態を脱して退院! 【公式声明】

2014年6月16日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが昏睡状態を脱し、昨年12月のスキー事故から治療を受けてきたグルノーブルの病院を退院した。

スキー事故で頭部に深刻なケガを負ったミハエル・シューマッハは数カ月にわたって入院生活を送っていた。1月の終わりに医師はミハエル・シューマッハを治療上の昏睡状態から覚醒させようとしてきたが、プライバシー保護の観点からそれ以上の情報は限られていた。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム