ミハエル・シューマッハの2012年05月のF1情報を一覧表示します。

ミハエル・シューマッハ 「優勝を目指している」

2012年5月27日
ミハエル・シューマッハ
前戦のF1スペインGPでの5グリッド降格ペナルティにより、F1復帰後初のポールポジションは幻となってしまったミハエル・シューマッハだが、決勝では6番グリッドから優勝を目指して戦うと述べた。

復帰後のパフォーマンスには批判もあったが、ミハエル・シューマッハは、厳しいモンテカルロ市街地コースでの予選で最速タイムを成し遂げたことには多くの意味があると認めた。

ミハエル・シューマッハの後釜候補にポール・ディ・レスタ

2012年5月22日
ポール・ディ・レスタ
メルセデスAMGのCEOを務めるニック・フライは、ミハエル・シューマッハが引退を決断した場合、現フォース・インディアのポール・ディ・レスタが有力な後釜候補であると認めた。

ニック・フライは、ミハエル・シューマッハの来季去就がまだ決まっていないとした上で、シューマッハが新しい契約を結ばない場合は、ポール・ディ・レスタが有力候補だと Sky Sports に語った。

ミハエル・シューマッハ:F1モナコGP プレビュー

2012年5月18日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが、F1モナコGPへの意気込みへと語った。

ミハエル・シューマッハ (メルセデスAMG)
「モナコは、サーキット自体が非常にユニークな特性をもっている。ある意味、長年にわたってトラックの安全性に取り組んでいるので、矛盾が大きいように見えるかもしれないけど、僕たちは意志をもってモナコでレースをしている」

ドイツ人の過半数がミハエル・シューマッハの引退を予想

2012年5月17日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハの母国ドイツでは、過半数がミハエル・シューマッハは今シーズン末に再び引退すると考えている。

3年のブランクを経て、ミハエル・シューマッハは2010年にメルセデスと3年契約を結んでF1復帰。契約は2012年に満了する。

SID通信 は、ドイツの市場調査会社 Promit にミハエル・シューマッハが今シーズン末で引退するかどうかに関する調査を依頼。

セバスチャン・ベッテル、ミハエル・シューマッハの接触を擁護

2012年5月17日
ミハエル・シューマッハ
セバスチャン・ベッテルは、F1スペインGPでブルーノ・セナに追突したミハエル・シューマッハを擁護した。

F1スペインGPで、ミハエル・シューマッハはストレードエンドでブルーノ・セナに追突。無線で“馬鹿野郎”と叫び、自らに非はないと主張。しかし、FIAはその言い部を認めず、ミハエル・シューマッハ側に非があったとして次戦F1モナコGPで5グリッド降格ペナルティを科した。

ミハエル・シューマッハ、F1モナコGPで5グリッド降格ペナルティ

2012年5月14日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、F1スペインGPでのブルーノ・セナとの事故の結果、次戦F1モナコGPで5グリッド降格ペナルティを科せられた。

13周目のストレートエンドで、ミハエル・シューマッハはブルーノ・セナの後ろから衝突。両者はリタイアした。

スチュワードは、衝突は責任はミハエル・シューマッハにあると判断し、ミハエル・シューマッハに次戦F1モナコGPで5グリッド降格ペナルティを科した。

ミハエル・シューマッハとブルーノ・セナ、お互いを非難

2012年5月14日
ミハエル・シューマッハとブルーノ・セナの接触
ミハエル・シューマッハとブルーノ・セナは、F1スペインGPでの接触についてお互いが相手に責任があると非難した。

ミハエル・シューマッハとブルーノ・セナは、ターン1で接触し、両者ともにリタイア。ミハエル・シューマッハは新品タイヤ、ブルーノ・セナはまだ一回目のピットストップを終えていていない状況だった。

ニコ・ロズベルグ 「僕の優勝はシューマッハには苦しかったはず」

2012年5月11日
ニコ・ロズベルグ
ニコ・ロズベルグは、自身とメルセデスAMGの初優勝となったF1中国GPが、ミハエル・シューマッハにとって“困難な一日”だったと考えている。

ニコ・ロズベルグは、F1中国GPでF1参戦111戦目にして初勝利を達成。メルセデスにとっても半世紀ぶりとなる快挙だった。

ミハエル・シューマッハの反応について質問されたニコ・ロズベルグは「彼はとても喜んでくれているように感じた」と述べた。

ミハエル・シューマッハ、ピレリタイヤは「生卵の上を走っているよう」

2012年5月9日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、今季のピレリタイヤを“生卵の上を走っている”ようだと述べ、批判を続けた。

ピレリの2012年タイヤは、ファンにとって刺激的な開幕4戦を提供したが、ミハエル・シューマッハは、デグラデーションの激しい今季のタイヤがレースを損なっているとし、激しく批判している。

「あまりにもピーキーだし、独特なので、マシンや自分自身を限界まで攻めることができず、タイヤの影響が大き過ぎると思う」とミハエル・シューマッハは CNN にコメント。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム