ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、F1スペインGPでのブルーノ・セナとの事故の結果、次戦F1モナコGPで5グリッド降格ペナルティを科せられた。

13周目のストレートエンドで、ミハエル・シューマッハはブルーノ・セナの後ろから衝突。両者はリタイアした。

スチュワードは、衝突は責任はミハエル・シューマッハにあると判断し、ミハエル・シューマッハに次戦F1モナコGPで5グリッド降格ペナルティを科した。

だが、ミハエル・シューマッハは事故の原因はブルーノ・セナにあると考えているようだ。

レース後、シューマッハは「ビデオを見るまで1分かかったよ。上空からの映像を見れば、彼はイン側のポジションを守るために右側に動いたのがわかると思う。でも、ブレーキングの段階で彼は僕の目の前で左側に動いた」と説明。

「そのあと僕は再びインサイドに避けようと試みたけど遅すぎた。ブレーキング段階でのことだからね。とてもフラストレーションを感じている。かなりイライラしているよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ | メルセデス | F1スペインGP