ザウバー、デオ・プルシェールの2024年以降のF1デビューを構想…来季はスーパーフォーミュラでの武者修行も選択肢
テオ・プロシェールは、2026年までにアウディがチームの過半数を取得してワークスチームとなる予定のザウバーで将来を背負うドライバーのポールポジションにいるように見える。

チーム代表のフレデリック・バスールは最近、アウディの最初のワークス ドライバーを誰にするかについて話し合うのは時期尚早だと語った。

「バルテリ(ボッタス)がおり、周(冠宇)周がおり、パイプラインにはテオがいる」とフレデリック・バスールは語った。

「しかし、これについて話し合う時間はまだある」

19歳のテオ・プルシェールは、2度目のフルタイム シーズンで総合2位に終わった今年のキャンペーンの後、F2-FIAをやめる予定だと語っていた。

「間違いなく、これが僕の最後のF2シーズンだ」とテオ・プルシェールは語った。

「財政的にそれは不可能だ。良い解決策ではない。チャンピオンシップの2シーズンはドライバーにとって十分だ」

現在アルファロメオとして知られているザウバーは、テオ・プルシェールが2023年にフルタイムのF1リザーブドライバーになることを発表している。

「リザーブドライバーの役割は多面的だ」とチーム代表のフレデリック・バスールは語った。

「今日F1で輝いている多くのドライバーは、F2での彼よりも良い成績を収めていない」

「彼はまた本当にとても若い。我々が導き出した結論は、彼をもう少し構造化し、より多くの経験を与え、より技術的な仕事を与える必要があるということだった。特にクルマの外でね」

2023年にテオ・プルシェールには完全なプログラムが計画されており、フレデリック・バスールは「2回のFP1、シーズン中のテスト、シーズン後のテスト」を行うことを明らかにしている。

「その後、彼はシミュレーターでの開発を担当し、レース週末にもそれを担当することになる。それは彼にとって真の構造化プログラムだ。事前にブリーフィングがあり、事故後にブリーフィングがあり、エンジニア、メカニック、彼自身と一緒に準備しているからだ。 レースへのアプローチのすべてがある」

「18歳か19歳のとき、父親のような年齢のプロの人たちと比べて、自分の位置を決めるのは必ずしも簡単ではない。しかし、私はそれについて彼のことを心配していない」
「状況とそれを行う機会が必要だと思う」

フレデリック・バスールの計画の一部は、テオ・プルシェールが2023年もレースを続けることであり、これは、FIA-F2で3年連続でシーズンを行わないという彼の決定を覆すことを意味する。

「彼が競争力を維持できるようにするために、彼に並行レースプログラムを実施してもらうことを考えている」とフレデリック・バスールは語った。

「オプションとして、日本のスーパーフォーミュラがある。F2は明らかなオプションだ。なぜなら、彼が我々の世界でコンタクトを取り合っていることを意味するからだ」
テオ・プルシェールも、FIA-F2を去るという彼の決定を覆す可能性があることを認めている。

「良い契約と良いオプションがあるならば、F2をもう一度やってはいけない理由はないよね?」とテオ・プルシェールは語った。

「僕は19 歳だ。来年も最年少ドライバーの 1 人だ。毎年は僕は最年少のままだ」とテオ・プルシェールは分かった。

「たぶん、リザーブドライバーの役割については何もしないだろう。ストレス、レースの後、人生はまだ良い。シミュレーターは良いけど、それは現実ではない」

「僕の主な役割は、チームを助けるためのリザーブドライバーだ。2024年に向けて準備を進めている。僕の夢は、F1に参加することだ。つまり、ワールドチャンピオンになることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / アウディ / スーパーフォーミュラ