F1チーム買収交渉決裂のアンドレッティ「金銭面ではなく支配権の問題」
マイケル・アンドレッティは、アンドレッティ・オートスポーツがザウバー/アルファロメオF1チームの買収の交渉が決裂したのは財政的な問題であるとの噂を否定。問題はチームの支配権に関するものだったと述べた。

先月、アントレッティ・オートスポーツがザウバーの支配会社であるイスレロ・インベストメンツ(Islero Investments)からアルファロメオF1チームの過半数株式を買収するとの報道が広まり、ある時点では取引はほぼ成立したと考えられていた。

しかし、F1アメリカGPの週末に一転して交渉は破綻したとの報道が広まった。

当時、Auto Motor und Sport の報道によると、ザウバーを経営しているスウェーデンの億万長者であるフィン・ラウンジングは、買収金額の3500万ドルではなく、F1グリッド上でのチームの存続を保証するための5年間の5,000万ドルの支払いを求めたと報じた。

2022年のインディカーでアンドレッティ・オートスポーツの4台目のエントリーにデブリン・デフランチェスコを起用するという発表の場で、マイケル・アンドレッティは、ザウバー/アルファロメオF1との交渉破綻について口を開いた。

「経済的な理由で取引が失敗したという噂に終止符を打ちたいと思う。事実とまるで懸け離れている。経済的なものとは何の関係もなかった」とアンドレッティは語った。

「基本的には、交渉の土壇場で出てきた支配権の問題によるものだ。それが取引を殺した」

「私は取引が適切でなければ、我々はそれを行うつもりはないと常に言ってきた。最終的にそれは適切ではなかった。したがって、我々は他の機会を探し続けている」

再び同じような質問をされたマイケル・アンドレッティは次のように続けた。

「先程もコメントしたが、それが実現しなかった理由について皆さんが耳にているような噂は信じないでほしい。財政やそういったこととは何の関係もない」

「残念ながら、土壇場で支配権の問題が変わった。我々はそれを受け入れることができなかったため、取引から手を引かなければならなかった」

アンドレッティ・オートスポーツが、ザウバー/アルファロメオF1を買収しても、支配できないという意味かと質問されたマイケル・アンドレッティは「基本的には」とうなずいた」

マイケル・マンドレッティは、アルファロメオF1チームの買収に成功した場合、コルトン・ハータをF1に転向させることが彼の拡張計画の一部であったことを初めて公に確認した。

「我々がチームを手に入れることができた場合、ハータはアメリカ人ドライバーを連れてきたいという点で我々の道をリードしていただろう」と彼は言った。

「彼はそれをするのに最適な人だっただろう。つまり、彼はヨーロッパで競争力のあるドライバーになることができると私は信じているので、間違いなく彼をシートに着かせるつもりだった。本当にね。彼がそうしない理由はない」

マイケル・アンドレティは、F1にはアメリカ人とアンドレッティという名前の復活に対して多くの熱意があったが、リバティ・メディアはそれを実現するために積極的に関与していなかったことに同意した。

「リバティ? ノーだ」とマイケル・アンドレッティは語った。

「彼らは明らかにアメリカ市場をプッシュしているので、彼らはそれを望んでいると思うが、彼らは我々を助けるために何もしてなかった…それは大きなストーリーだったと思う。うまくいかなかったのは残念だ。だが、私は諦めない」

「私たちの目は常に開いたままだ。我々は常にそこでチャンスを探している・・・F1だけでなく、他のフォーミュラ、そして他のタイプのレースでもね。それが我々の仕事だ。我々はレーシングビジネスに携わっており、常に拡大する機会を探している」

「しかし、我々が拡大するときは、我々が競争力を持てると分かる適切な取引であることを確認する必要がある。我々が行うすべてにおいて競争力があることが、我々のブランドにとって非常に重要だ」

また、マイケル・アンドレッティは、コルトン・ハータがF1に転向していた場合、2021年のインディライツチャンピオンであるカイル・カークウッドがチームのインディカーラインナップに加わっていたことを確認した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / アルファロメオ・レーシング