シモーナ・デ・シルベストロ
シモーナ・デ・シルベストロは、ザウバーと2015年にF1グリッドに並ぶチャンスはあると信じている。

先月、ザウバーは、25歳の女性インディカードライバーであるシモーナ・デ・シルベストロと“アフィリエイトドライバー”契約を結んだことを発表した。

2月に発表されたリリースでザウバーは、シモーナ・デ・シルベストロの“スーパーライセンス取得と2015年のF1参戦”を最終目標として“トラックテスト、シミュレータートレーニング、メンタルとフィジカルの準備”を実施しているとしている。

スイス紙 Blick は、シモーナ・デ・シルベストロが4月末にF1テストデビューを予定していると報道。

シモーナ・デ・シルベストロは「F1はずっと私の夢でした」とコメント。

その夢はどれくらい現実的かと質問されたシモーナ・デ・シルベストロは「全てを正しくやっていれば、どこかの時点でそこにたどり着くチャンスはあると思っています」

しかし、ザウバーは、リザーブドライバーにギド・ヴァン・デル・ガルデ、またロシアとの救済契約の一貫としてセルゲイ・シロトキンがおり、シモーナ・デ・シルベストロはザウバーの控え陣のなかでも3番目となっている。

同紙の記者ロジャー・ブノワは「ここまでシルベストロがザウバーでレースをする可能性は1%だ」とだ考えている。

関連:ザウバー、女性ドライバーを“アフィリエイトドライバー”として採用

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー