ザウバー
ペーター・ザウバーは、財政難に陥っているチームの従業員に給与が支払われないかもしれないとの報道を否定した。

ザウバーは、ニコ・ヒュルケンベルグへの5月分と6月分の給与を支払っていないとされており、ニコ・ヒュルケンベルグはザウバーとの2013年の契約を解除して、いつでも他チームに移籍できるようになっていると報じられている。

「基本的に、契約について話すつもりはない」とペーター・ザウバーは Sportpanorama にコメント。

「しかし、私はニコがシーズン後半も我々といることを確信している」

Sonntagszeitung は、ザウバーのスポンサーを務めるエリコンといくつかのスポンサーが、ザウバーへの“緊急措置”として資金を提供したと主張している。

「今は非常に厳しい」とチーム創設者のペーター・ザウバーは認める。

「我々のリソースは非常に限られており、状況は良くないし、厄介だ」

だが、ペーター・ザウバーは、チームの従業員に給与が支払われていないとの報道を強く否定した。

「F1での20年間で、これまで時間通りに賃金を払わなかったことはない」

しかし、ペーター・ザウバーは、チームが一部のサプライヤーに請求書の支払いを待つように頼んでいることを認めた。

「クルマの開発だけでなく、サプライヤーにも影響を及ぼしている」とペーター・ザウバーはコメント。

「大部分は、理解することで応じられているが、非常にストレスを感じることだし、多くの痛みを伴っている」

ペーナー・ザウバーは、これまで“財政的な理由”でスタッフを解雇したことはなく、これからもそうするつもりはないと述べた。

「一旦、それを初めてしまったら、チームに大きな損害を与える」

しかし、ペーター・ザウバーは、チームには緊急で新しいスポンサー、望ましくは投資家が必要だと述べた。

「その件に関しては非常に自信を持っている。スムーズに進めば、月末までに全てをクリアにできるだろう」

ペーター・ザウバーは、“ブランB”もあると述べた。

「それは良いプランだ。だが、時間が大きな問題だ。時間は尽きてきている」

「サプライヤーが我々への供給をストップし始めると、運営できなくなるからだ」

ザウバーの2013年は保証されているかを尋ねられたペーター・ザウバーは「原則としてノーだ」と認めた。

「しかし、私は安全だと感じている。現在、我々は毎日働いている」

最後の手段は、単純にチームを売却することだ。

「他に方法がまったくないのであれば、その可能性はある。だが、我々はそこまでは行っていない」

「閉鎖は選択肢ではない。私の内側の炎は、このような状況で火が付いている。戦う以外にない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー