C29
BMW Sauber C29
ザウバーの2010年F1マシン「C29」。BMWザウバーがF1を撤退したことでザウバー C29は、フェラーリ製のエンジンとギアボックスを搭載する。

C29は、F1を撤退したBMWが2009年シーズン中から開発を進めてきたマシン。そのため“いかり肩”のサイドポンツーンを含め、BMW時代の名残が残されている。しかし、ラジエータはよりコンパクト化してサイドポンツーン下面に大きくザクリを入れ、上面を急激にロータックダウンさせるなど、F1.09から大きくデザインを進化させている。

燃料タンク増加により、ホイールベースを延長。F1.09と比較して全長は250mm長くなっている。

カラーリングはリアウイングを含めまだカーボン剥き出しとなっており、暫定的なものと思われる。エンドプレートには「スカルプD」のロゴが確認できる。

BMWザウバー C29 主要諸元

シャシー構造カーボンファイバー・モノコック
サスペンションダブルロワ・ウイッシュボーン(フロント/リア)、スプリング&ダンパー内蔵、プッシュロッド付(ザックス・レース・エンジニアリング製)
ブレーキ6ピストン・キャリパー(ブレンボ製)、カーボン製パッド&ディスク(ブレンボ、カーボン・インダストリー製)
トランスミッションフェラーリ製縦置7速7速クイックシフト・ギヤボックス、カーボンファイバー製クラッチ
シャシー・エレクトロニクスMES製
タイヤブリヂストン ポテンザ
ホイールOZ製

ディメンション

全長4,940 mm
全幅1,800 mm
全高1,000 mm
トレッド1,495 mm(フロント)
1,410 mm(リア)
総重量620 kg (ドライバーを含む。燃料タンクは空状態)

エンジン諸元

エンジンフェラーリ 056
タイプ自然吸気V8エンジン
バンク角90度
排気量2,398 cc
バルブ数32
バルブ駆動圧搾空気式
シリンダーブロックアルミニウム
総重量95 kg

C29 フロント C29 サイド

関連:ザウバー、C29を発表 - 2010年1月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー | F1マシン