佐藤琢磨 インディカー・シリーズ レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング
佐藤琢磨は、来週セブリングでレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰以降、そして、2018年のインディカーマシンで初走行を行う。チームオーナーであるボビー・レイホールは、2017年のインディ500を制した佐藤琢磨の加入は、チームにとって、そして佐藤琢磨にとっても完璧なタイミングだと考えている。

「我々全員が彼とそこに行って走ることを楽しみにしている」とボビー・レイホールはRACER にコメント。

「我々はオフシーズンに優秀な人材を獲得し、ハードワークを重ねてきたしてきたし、まもなく新しいスポサンーも発表する。我々の先に待ち受けていることに興奮している。あらゆる理由から琢磨とグラハムと一緒に良いシーズンを過ごせると思っている。あとは走るだけだ」

佐藤琢磨は2012年に1シーズンだけレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに所属。それ以降、ドライバーとしてインディカーで多くの経験を積んできた。

「琢磨は素晴らしい一年を過ごしたと思う。インディ500だけでなくね」とボビー・レイホールはコメント。

「彼はどこに行ってもかなり強力なパフォーマンスを発揮していた。我々は彼が所属するに相応しい場所だ。今回は、彼はより多くのスパイスをもたらしてくれるだろう。彼が我々と一緒に実力を発揮し、グラハムと一緒に素晴らしいクルマを造るために働くことにとても興奮している。琢磨の復帰には大きなポテンシャルがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨 | インディカー