佐藤琢磨
佐藤琢磨は、カンポスやUSF1でのF1復帰は考えていなかったと語る。

佐藤琢磨は18日(木)、2010年にアメリカのインディカー・シリーズにKVレーシングから参戦することを発表した。

「ずっとF1を続けることを夢見てきたけど、競争力のあるマシンが欲しかった」と琢磨はロイターにコメント。

「カンポスやUSF1にシートはあったけれど、適当だとは感じられなかった。名前はF1だけど、マシンに競争力があるとは思えなかった」

「トロロッソやロータス、ルノーともう少しで契約できそうだったけれど、自分の力ではどうしようもないことがある。それがF1だ」

関連:佐藤琢磨、インディカー参戦を発表 - 2010年2月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨