佐藤琢磨の2022年05月のF1情報を一覧表示します。

佐藤琢磨、2022年インディ500は25位「リスクの大きい賭けをした」

2022年5月30日
佐藤琢磨、2022年インディ500は25位「リスクの大きい賭けをした」
佐藤琢磨は、第106回インディ500の決勝を25位で終えた。

予選10番手だった佐藤琢磨(Dale Coyne Racing with RWR)は、1回目のピットストップを行った72周目までに6番手に順位を上げ、さらに上位進出の期待が持たれた。しかし、中盤でトップ5へと食い込んでいくことができず、3回目のピットストップの後には10番手以降への後退を余儀なくされた。

佐藤琢磨、インディ500最終プラクティスで3番手と好調を維持

2022年5月28日
佐藤琢磨、インディ500最終プラクティスで3番手と好調を維持
インディ500のファイナルプラクティスは、決勝の2日前の金曜日に行うのが恒例となっている。木曜日の夜から金曜日の朝にかけて雨が降ったインディアナポリスは、午前中も曇り空が広がり続け、小雨も降ったためにプラクティスの開催が危ぶまれた。しかし、天候が回復して午後1時から無事に走行時間を確保することができた。気温は20~21℃と低めで、やや湿度の高いコンディションで決勝に出場する33台がレースに向けた走行を重ねた。

佐藤琢磨、2022年インディ500は10番グリッドからスタート

2022年5月23日
佐藤琢磨、2022年インディ500は10番グリッドからスタート
佐藤琢磨は、2022年インディ500を10番グリッドからスタートする。

5月22日(日)にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで第106回インディ500の予選2日目が行なわれ、デイル・コイン・レーシング・ウィズRWRのNo.51 Nurtec ODT ホンダを駆る佐藤琢磨は4ラップの平均で231.670mph(約370.672km/h)を記録し、10番グリッドを手に入れた。

佐藤琢磨、2022年インディ500の予選初日を12位で終える

2022年5月22日
佐藤琢磨、2022年インディ500の予選初日を12位で終える
インディアナポリス・モーター・スピードウェイで第106回インディ500の予選初日が行なわれ、デイル・コイン・レーシング・ウィズRWRのNo.51 Nurtec ODT ホンダを駆る佐藤琢磨は4ラップの平均で231.708mph(約370.733km/h)を記録し、12位となりました。

佐藤琢磨は最初のアタックで平均232.196mph(約371.514km/h)をマーク。この時点で6番手となったが、減速中にほかのドライバーを妨害したとして、1回目の記録は無効となった。

佐藤琢磨、2022年インディ500の“ファスト・フライデー”でも最速タイム

2022年5月21日
佐藤琢磨、2022年インディ500の“ファスト・フライデー”でも最速タイム
佐藤琢磨は、インディ500のプラクティスで3日連続最速ラップを記録。ポールポジション最有力候補に名乗りをあげた。

インディ500の予選を前日に控えた金曜日は“ファスト・フライデー”と呼ばれている。出場チームは予選用ターボブーストでこれまでのプラクティスから約90馬力のパワーアップがなされたマシンでシミュレーションを繰り返し、前日までよりも大きくスピードをジャンプアップさせるからだ。

佐藤琢磨、2022年インディ500のプラクティスで2日連続トップタイム

2022年5月20日
佐藤琢磨、2022年インディ500のプラクティスで2日連続トップタイム
第106回インディア500のプラクティス3日目が終了。2日目の水曜日(プラクティス3)は走行開始直前から降り出した雨により、33台集まっているインディカーがとうとう1周も走ることなく終了した。しかし、幸いにも木曜日のプラクティス4はスケジュール通りの正午に走行が開始され、6時間という長さのセッションが無事に行われた。

佐藤琢磨、2022年インディ500のプラクティス1日目にトップタイム

2022年5月18日
佐藤琢磨、2022年インディ500のプラクティス1日目にトップタイム
2022年のインディ500の公式プラクティスがスタートぢ、初日は佐藤琢磨(Dale Coyne Racing with RWR)が最速ラップをマークした。

世界一の歴史と世界一の規模を誇るインディアナポリス500マイルは今年が第106回目の開催となる。自動車の歴史とともに歩んできたレースは、伝統的にプラクティスから決勝レースまでに5月のほぼ1カ月を費やしてきた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム