バレンティーノ・ロッシ F1転向
バレンティーノ・ロッシは、2011年にフェラーリへ移籍してF1に転向する可能性があることを認めた。

MotoGPを何度も制してきたロッシは、これまで「もうF1転向はない」としてきたが、最近になって態度を変えている。

「そうだね。そのことについては喜んで話をするよ」とロッシは語る。

「2011年にそうなるかもね。可能性はある」

噂では、フェラーリがF1で3台のマシンを走らせることを検討しているとされ、3台目のシート候補としてロッシの名前が挙がっている。

ロッシとヤマハの契約は2010年末で満了する。


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バレンティーノ・ロッシ | フェラーリ | MotoGP