ニコ・ロズベルグ 「メルセデスはボッタスに勝利をプレゼントした」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、F1日本GPでメルセデスはルイス・ハミルトンに2回目のピットストップをさせることで、バルテリ・ボッタスに勝利をプレゼントしたと考えている。

F1日本GPでは、ルイス・ハミルトンがミディアムタイヤのままでレースの最後までトップを守り切れって走り切れる可能性があったが、メルセデスはハミルトンにピットインを命じ、最終的にハミルトンは3位でレースをフィニッシュしている。

ニコ・ロズベルグは、メルセデスがバルテリ・ボッタスに対して今シーズンに行ったあらゆること返済するためにこの判断を下したのではないかと考えている。

「彼らは2つのことをすることができた。ハミルトンにボッタスを抜かせるよう伝えることができたが、もちろん、そうするとは思えない。メルセデスはワールドチャンピオンだ。贈り物ととして自身のチーム内で勝利を与えるのは良いことではない」

「これが彼らがやれることのすべてだった。彼らはいずれにしろ損をしていただろうし、タイトルはすでに確定していたので、これが最適なオプションだった。彼らは1-2を失ったかもしれないが、それでもボッタスの信頼を得た。だが、ハミルトンはレース後にこれに不満を抱えていた。それは明らかだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ロズベルグ / メルセデス / F1日本GP