F1 セバスチャン・ベッテル
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、F1ベルギーGPでのセバスチャン・ベッテルは、フェラーリで最も有名な“ナンバー2”ドライバーだったルーベンス・バリチェロを見ているようだったと語る。

F1ベルギーGPでは、フェラーリがフロントローを独占。だが、勝利をもたらしたのはシャルル・ルクレールだった。セバスチャン・ベッテルは一時的にトップに立ったものの、フェラーリはドライバー間に異なる戦略を採用することを決定。レース中盤にチームオーダーを発令してルクレールを前に出している。

その後、セバスチャン・ベッテルは、レース終盤に猛チャージをかけていたルイス・ハミルトン(メルセデス)を足止めさせるための重要な役割を果たし、0.9秒差でのシャルル・ルクレールの勝利に貢献した。

シーズン開幕前、フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、五分五の状況だった場合には経験豊富なセバスチャン・ベッテルを優先させると語っており、実施に序盤戦ではベッテルを助けるチームオーダーが発令された場面もあった。

しかし、今回シャルル・ルクレールに優先権を与えたチームオーダーは、フェラーリ内のヒエラルキーの変化を表したとニコ・ロズベルグは考えている。

「ベッテルはかわいそうだった。レースではベッテルがまるでバリチェロのようだった。チームメイトを先に行かせて、彼を助けた。素晴らしいと思う。4度のワールドチャンピオンなんだからね。感動した。あれがベッテルにどう影響するか見てみよう。彼がも満足していないのは間違いないと思う」

「現在、ベッテルはあのマシンに苦戦している。特にリアエンドにね。かなりナーバスだし、リアエンドに自信がないとマシンの力を引き出せない」

セバスチャン・ベッテルは、シャルル・ルクレールの勝利の助けになれたことに満足していると語っている。

「ある時点から、最初のラップ以降からは戦いに絡んでいないことは明らかだった。そこから僕ができることは、チームに仕えることだけだった」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

「コーナーで苦労していたし、彼(ハミルトン)が近づくことを許してしまい、あまり長い間彼を抑えることができなかった。当然、シャルルにクッションを与えるために彼に時間を失わせようとしていた。最終的になんとか十分だったみたいだし、仕事をした感じだね」

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルの“ナンバー2”への格下げを否定している。

「単純に速くて前にいる方にチームの関心は高まる。それが変わることはない。セブにもまだ機会はある。我々はレース毎に進めているし、ベストが前にいることになる」とマッティア・ビノットは語った。

ニコ・ロズベルグは、今週末にモンツァで開催されるフェラーリのホームレースとなるF1イタリアGPでも優勝候補はシャルル・ルクレールだと語る。

「彼は最高の仕事をしたと思う。今年の彼は本当にいい走りをしているし、メンタル的にかなり重要なターニングポイントになるじゃずだ。初勝利はドライバーにとってかなりの自信になるし、次のステップへ進むことになるなるだろう。今のマシンにもかなり好感触のようだしね」

「次のレースはモンツァだ。ここも超高速コースでフェラーリのマシンがベストだと考えられているので、当然、今回もルクレールが優勝候補の筆頭だ。凄いことになるだろう。モンツァにはティフォシがいるし、物凄いパーティーになるだろうね。ちょっとした変化があるのはF1にとってもいいことだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ロズベルグ / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル