F1 ニコ・ロズベルグ マックス・フェルスタッペン
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、マックス・フェルスタッペンはF1オーストリアGPの価値あるウィナーではあったが、シャルル・ルクレールへのオーバーテイクはペナルティに値するものだったと語る。

残り3周のターン3でマックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールのインサイドをついて軽く接触しながらオーバーテイクに成功。このインシデントはレース後の審議対象となり、フェルスタッペンの勝利が確定したのはレース終了後、3時間以上経ってのことだった。

フェラーリは、この裁定に満足はしていないもののF1のためを思って上訴しないことを決定しており、多くの関係者はこの裁定を支持しているが、ニコ・ロズベルグはフェラーリに同情していると語る。

「フェルスタッペンは勝利に相応しいと思う。シンプルに彼はスーパーだった」とニコ・ロズベルグはコメント。

「だが、今となっては馬鹿げた発言に聞こえるかもしれないが、マックスは意図的に型破りな走りをして、非常に遅くターンインしたとも言わなければならない」

「彼は前のラップでそれがレースに勝つ唯一の方法であることを知っていた。1回目のオーバーテイクの試みで、彼はアウトサイドに多くのスペースを残していたし、ルクレールは対抗することができていた」

「フェルスタッペンはルクレールを押し出さなければならないことを知っていた。彼は非常に遅くにターンインした。彼は通常のドライビングラインとはかけ離れていた。通常であれば、彼は正確にエイペックスを捕えていた」

「彼は通常のラインからはかけ離れていた。結果として、残念ながら、彼はペナルティを受けるべきだったと思う」

「もちろん、我々はレースを見たいし、あのようなホイール・トゥ・ホイールのバトルを見たいと思っているので、そうなっていたがうんざりしていただろうけどね」

関連:【動画】 マックス・フェルスタッペン vs シャルル・ルクレール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ロズベルグ | マックス・フェルスタッペン