F1 ニコ・ロズベルグ
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、アウディからのドイツツーリングカー選手権(DTM)にゲストドライバーとして1回限りの参戦をするというオファーを断っていたことを明らかにした。

2016年にF1から電撃引退したニコ・ロズベルグは、レースから引退しているが、カートチームのオーナーとして、また、フォーミュラEの投資家として引き続きモータースポーツに関わっている。

ニコ・ロズベルグは、アウディのディター・ガスからDTM参戦について個人的にアプローチがあったが、断りを入れていたことを明かした。

「アウディのディター・ガスが、ゲストドライブとしてレースに参戦したくないかと尋ねてきたけど、断った。参戦したいとは思わなかったからね」とニコ・ロズベルグは Autosport にコメント。

「ただの楽しみのためならばイエスかもしれないけど、もう肉体的な管理すらしていない。F1時代は腕と手のためにあまりにも多くのトレーニングをしなければならなかった」

DTMは、マニュファクチャラーがゲストドライバーによる1戦限りの参戦を可能にしており、代表を務めるゲルハルト・ベルガーは、いつかルイス・ハミルトンやセバスチャン・ベッテルといった有名ドライバーが参戦することを望んでいる。

しかし、ニコ・ロズベルグは、少なくとも彼らがF1チームに留まっている間はそれが実現することはないだろうと語る。

「それが可能だとは思わない」とニコ・ロズベルグはコメント。

「彼にはやらなければならなことがかなりたくさんあるし、それに集中する必要がある。彼らは今、DTMで走ることはできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ロズベルグ | DTM(ドイツツーリングカー選手権)