ニコ・ロズベルグ
ニコ・ロズベルグは、ウィリアムズが2009年に競争力のなるマシンを与えなかった場合、2010年はウィリアムズを離れるつもりだと語った。

ニコ・ロズベルグは、2年前はグリッドで最も成長が期待される若手の1人だった。しかし、2008年のウィリアムズのマシンでは、ロズベルグがドライバーチャンピオンシップを13位で終えるのがやっとだった。

来年でウィリアムズの4年目となるロズベルグだが、2009年がウィリアムズに残る最後のチャンスだと主張する。

いつ2010年について決めるつもりかを聞かれたロズベルグは、「次のシーズンの中盤だ」と語る。

「ウィリアムズがまだそこにいないなら、僕はどこか他へ行くことを考えなければならないだろう。自分のキャリアについてて考えなければならない」

「僕には他の選択肢がある。でも、あまり長く待っていたら、可能性はなくなってしまうよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ロズベルグ / ウィリアムズ