ニコ・ロズベルグの2022年01月のF1情報を一覧表示します。

バルテリ・ボッタス 「今ならF1引退したロズベルグの気持ちが理解できる」

2022年1月30日
バルテリ・ボッタス 「今ならF1引退したロズベルグの気持ちが理解できる」
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1でルイス・ハミルトンと一緒にレースをしたことで、ニコ・ロズベルグがF1から電撃引退した気持ちが理解できると語る。

メルセデスF1は2010年にメーカーとしてF1に復帰し、ニコ・ロズベルグは、F1復帰した7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハとともにドライバーに抜擢された。

ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1がガスリーを呼び戻さないのは驚き」

2022年1月16日
ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1がガスリーを呼び戻さないのは驚き」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、レッドブルF1が2022年のドライバーとしてピエール・ガスリーを呼び戻すことを真剣に検討することを期待していた。

レッドブルのジュニアチームのメンバーであるピエール・ガスリーは、トロロッソでの印象的なスティントの後、2019年にレッドブル・レーシングのドライバーに抜擢された。

ニコ・ロズベルグ 「ボッタスはホイール・トゥ・ホイールのバトルが弱い」

2022年1月15日
F1:ニコ・ロズベルグ 「ボッタスはホイール・トゥ・ホイールのバトルが弱い」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、ルイス・ハミルトンと比較して、バルテリ・ボッタスは他のドライバーとのバトルとオーバーテイクが弱点だったと感じている。

メルセデスF1でのバルテリ・ボッタスの時間の多くは集団の前での競争に費やされたが、2021年のレギュレーション変更はメルセデスF1の競争力を削ぎ、ミッドフィールドチームとのバトルを余儀なくされることもあり、何度か抑えられるシーンがあった。

ニコ・ロズベルグ 「ハミルトンとメルセデスF1の敗北を見るのは辛かった」

2022年1月5日
ニコ・ロズベルグ 「ハミルトンとメルセデスF1の敗北を見るのは辛かった」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、メルセデスF1は彼の“ファミリー”のままであり、ルイス・ハミルトンが2021年のタイトル争いに敗れるのを見るのは辛かったと語る。

ルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPのレース終盤のニコラス・ラティフィのクラッシュがセーフティカーを引き起こすまで、前人未踏の8回のF1ワールドチャンピオンを手中に収めているように見えた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム