ロビン・フラインス
ロビン・フラインスは、ザウバーでの2013年のスケジュールに落胆していることを認めた。

フォーミュラ・ルノー3.5でチャンピオンを獲得したロビン・フラインスは、レースドライバーに昇格したエステバン・グティエレスの後任としてザウバーのリザーブドライバーとして契約した。

ザウバーのチーム代表モニーシャ・カルテンボーンは「我々はこれから彼をF1へ慎重に導いていきます」と述べていた。

しかし、オランダの Formule1 は、ロビン・フラインスは、10日前にザウバーを訪問した際に、冬季テスト期間中にマシンに乗る機会がないことを知らされて落胆しているとは報道。

「今年はあまりやることがないと思う」とロビン・フラインスはコメント。

「1月20日にファクトリーに行く予定だし、もっとはっきるすることを望んでいる」

「冬季テストだけではなく、金曜日のプラクティスセッションでも使われることはなさそうだ」

「それにザウバーにはシミュレーターがないので、そうやって経験を積むこともできない」

さらに、ロビン・フラインスは、昨年末のDTMテスト以来、メルセデスから“何も聞いていない”ことを明かした。

「他の可能性はほとんどない。厳しい年になるのではないかと恐れている」

ザウバーのスポークスマンは「ロビンはエンジニアたちと連動するためにテクニカルミーティングに出席する機会を得るだろう。また、我々のフィットネスプログラムにも参加する。それが将来に向けて良い基盤を築くだろう」

関連:ザウバー、ロビン・フラインスをリザーブドライバーに起用 - 2012年11月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロビン・フラインス / ザウバー