ダニエル・リカルド 「マクラーレンのF1マシンは自分の弱点を露わにした」
ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1チームでの2年間でマシンの扱いに苦戦した厳しい期間の後、この経験を「謙虚な気持ち」と呼んだ。

2021年F1イタリアGPでの魔法の瞬間を除けば、ダニエル・リカルドはマクラーレンにいる間、ずっとチームメイトのランド・ノリスと一貫して競争し、打ち負かすことができなかった。

イモラでの表彰台を含むランド・ノリスの14 ポイントとは対照的に、ダニエル・リカルドは今シーズン 5 ポイントしか獲得できてない。

ダニエル・リカルドは「僕には弱点がある。そして、残念なことに、この車は最終的にそれを露わにしてしまった」とThe Raceに語った。

「だから、謙虚な気持ちになっているところがある。僕はまだ物事に取り組んで自分自身をもっと良くすることができる。でも、僕の自信のある部分は…でも、勝つための車を僕に与えてくれたら、僕は勝つだろう!」

「そこには今でも大きな自信を持っている。そのような車に乗れたら、僕は勝つ方法を見つけるだろう」

オスカー・ピアストリが物議を醸した2023年のマクラーレンへの移籍を発表したことで、ダニエル・リカルドの将来は危機に瀕することになった。

レースの週末に一歩前進し、二歩後退するマクラーレンでのダニエル・リカルドの最近の苦戦は、2023年のドライブの欠如の触媒となっている。

「僕たちは週末に何かを学び、一歩前進する。でも、そこには僕たちが果たさなければ別のステップ、または新しい発見があった」

「前の週末から進歩しているように見えるけど、『今は別のハードルが出てきた』という感じだ」

「次の週末、僕たちはそのハードルを乗り越える。そして、ほぼ毎週末が予期せぬハードルのようだった」

「僕は『よし、クルマのセットアップはうまくいった。このドライビングスタイルがこのクルマに合い始めている』と思っていた。でも、再び、僕たちは古いハムスターの車輪に乗っているように感じた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン