ダニエル・リカルド、2023年F1シーズンのハース/ウィリアムズ移籍を除外
ダニエル・リカルドは、近シーズン終了後にマクラーレンを退団した後、2023年にF1グリッドにいないことを初めて認めた。

ダニエル・リカルドは、空いているシートのいずれとも強い結びつきがなかったが、土曜日にアルピーヌF1チームがピエール・ガスリーとの契約を発表したことを受け、リカルドは来シーズンはドライブしないことを認めた。

ウィリアムズとハースF1チームにはまだ2つのシートがある。ウィリアムズに関しては、ローガン・サージェントがアブダビでのF2最終戦でスーパーライセンスを確保した場合にはシートを期待されている。ハースF1チームは、ニコ・ヒュルケンベルグとアントニオ・ジョビナッツィが主要な候補であり、ヒュルケンベルグがドライバー候補としてリードしているようだ。

ダニエル・リカルドの関心は、数週間前にサバティカルの可能性と、リザーブドライバーの可能性があるトップチーム(メルセデス)との契約の可能性に向けられていた。

しかし、メルセデスとは話し合いを行ったが、リザーブドライバーの役割に就くことはなくなった理解されている。

ピエール・ガスリーの発表が彼の希望に影響を与えるたかと質問されたダニエル・リカルドは「ガスリーのニュースは知っていた」と語った。

「彼らがしばらく話していることはわかっていたし、彼らがピエールに非常に興味を持っていることもわかっていた。僕はその準備ができていたとしておこう。驚くことではない」

「僕たちはそれを回避し、次に何が起こるかを理解しようとしていた。でも、今の現実は、2023年にはグリッドに並べないということだと思う」

「今は2024年に向けてセットアップしようとしている。その時はもっと良い機会があるかもしれないと思っている。だから、発表できることは本当にこれがすべてだし、今、照準を合わせていることだ」

来年はNASCARのようなシリーズを試すことが可能性はあるかと質問されたダニエル・リカルドは、レースをしていなくてもF1に集中し続けたいと強調した。

「計画はまだF1に関与する予定であることは確かだ。僕のF1キャリアに関して言えば、これはちょっと一時停止のようなものだと思う。意図は2024年だ」

「おそらくそのようなことをいくつかを行う機会を開くかもしれないのは確かだけど、それが僕の目標から逸脱していると感じた場合は僕が求めている場所ではないと言うだろうし、他で競争することは楽しかったり、クールではないだろう」

「精神的にはまだそこに達していないというのが真実だ。僕はまだF1に熱心に取り組んでいるし、シートを少し離れるだけで、おそらくうまくいくと思っている」

「だから、何か他のことに飛び込んで、別のカテゴリーで忙しくしていようとするのではなく、おそらくそれを使かそうとするだろう。かなり説得力を持って言えば、それは他のどこでも起こらないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン