ダニエル・リカルド、2023年にメルセデスF1のリザーブ就任が現実味?
ダニエル・リカルドは、2023年にメルセデスF1チームのリザーブドライバーを務めることが現実味を帯びてきている。

33歳のダニエル・リカルドは、マクラーレンとの契約が12か月残っている状態で解雇され、2023年のF1シートを失うことになった。マクラーレンは2023年のランド・ノリスのチームメイトとしてリカルドと同じオーストラリア出身のオスカー・ピアストリを起用する。

先月、ダニエル・リカルドはメルセデスF1チームのリザーブドライバーに就任するとの噂が浮上した。2023年のメルセデスF1チームのシートは、ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルが強力なパートナーシップを証明する予定となっている。

そして、F1シンガポールGPに先立って、金曜日にダニエル・リカルドは、マリーナ・ベイのメルセデスF1チームのホスピタリティエリアから出て行くところを目撃され、またもや噂を熱狂させました。

「メルセデスは間違いなく興味を持っている」とThe Timesのジャーナリストであるレベッカ・クランシーはCODE Sports のTrack Torqueポッドキャストに語った。

「メルセデスは、経験、才能、絶対的なマーケッターが夢見る彼をリザーブドライバーとして気に入るだろう」

「彼はすべてのチームと話している。いくつかの選択肢があるが、彼は競争力を失いたくない」

「メルセデスとの話し合いは続けられるだろう。彼らは来年の3月まで、あるいはおそらく2月のテストまで決定を下す必要はないだろう」

「リカルドは実績のあるパフォーマーであり、率直に言って、このスポーツは彼のような人物を必要としている」

「やってくるこれらの若いドライバーは、彼らの人生全体がレースであり、最も興味深い人々には向いていない」

「少し年上の人が必要だ。Drive to Surviveにも、F1 にも、我々全員にも必要です。来シーズン、グリッドがどのように形作られているかについては私は気に入っていない」


ダニエル・リカルドがメルセデスF1チームの建物からワルツを飛ばす映像は、F1の毎年恒例のシリーシーズンの炎を煽るだけでした。

Sky Sports F1のコメンテーターであるデビッド・クロフトは金曜日に「ダニエル・リカルドがサードドライバーとしてレッドブルまたはメルセデスで来シーズンもF1に留まる機会があるとまだ信じている」と語った。

「これらのチームの両方と話し合いが進行中です。」

ダニエル・リカルドの次の動きについての憶測が高まっているが、すでに選択肢は尽きてきている. 2023年のドライバーラインナップをまだ確定していないF1チームはアルピーヌ、ハース、ウィリアムズの3チームだけだ。

ダニエル・リカルドは、シンガポールGPを前に記者団に対し、彼のマネジメントが選択肢を模索していることを認めたが、バックアップ計画として、2023年に喜んでリザーブドライバーのポジションを引き受けると打ち明けた。

ダニエル・リカルドのような能力を持つ人物にとって、サードドライバーの役割を受け入れることは異例のことのように思えるかもしれないが、そうすることが2024年の欠員の最有力候補になるだろう。ルイス・ハミルトンの契約は 2023年シーズンの終わりに切れ、引退する可能性も囁かれている。

ルイス・ハミルトンは、リカルドがリザーブドライバーになるには「あまりにも才能がある」と主張し、彼のガレージにリカルドがいるのは「素晴らしい」と告白した.

「彼は個人的にレースをするべきだと思う」とルイス・ハミルトンは先月語った。

「彼はサードドライバーになるにはあまりにも才能がある。僕たち全員とレースに参加する権利を獲得している」

「もちろん、彼がぼくっちのチームの一員であるなら、それは素晴らしいことだ。しかし、サードドライバーの役割は、彼にとってあまり最適なものではない。もし僕が彼をマネジメントしていたら、彼にレースをさせるだろう!」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / メルセデス