ダニエル・リカルド、ペレスとの会話で2023年のF1サバティカルを明かす?
ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1チームとの契約が終了する今シーズンの終わりにF1からの休憩を余儀なくされるかもしれないという大きな手がかりを落とした。

マクラーレンF1チームがアルピーヌのジュニアであるオスカー・ピアストリと契約するために1年早く契約を終了することを決定した後、ダニエル・リカルドは来シーズンのドライブがない。

これにより、ダニエル・リカルドの選択肢は、アルピーヌ、ハース、またはウィリアムズが唯一の現実的な選択肢に制限されたままになっている。

アルピーヌF1チームはピエール・ガスリーと契約すると予想されているが、ダニエル・リカルドがグリッドの後方で争っているチームに降格することを望んでいる可能性は低い。

F1オランダGPの後、ダニエル・リカルドがレッドブルのセルジオ・ペレスと話しているビデオクリップが登場した。

議論の文脈は完全には明らかではないが、ダニエル・リカルドがペレスに「1年休んで2024年に戻ってくる」と言っているのがはっきりと聞こえている。

F1ベルギーGPで、ダニエル・リカルドは、2023年に向けて競争力のあるドライブが見つからない場合、F1から1年間離れることを検討すると述べていた。また、一部報道では、メルセデスF1のリザーブドライバーを務めるとの噂もある。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / セルジオ・ペレス