F1:ダニエル・リカルド、マクラーレン離脱を否定「2023年末まで離れない」
ダニエル・リカルドは、F1から離れる予定はないと主張し、マクラーレンとの残りの契約を全うすることを約束した。

マクラーレンF1チームのCEOであるザク・ブラウンが「期待に応えていない」と発言したことで、チームでのダニエリ・リカルドの将来はここ数週間激しい憶測の対象となっている。

これに対し、ダニエル・リカルドはザク・ブラウンの言葉を「褒め言葉の裏返し」ととらえ、前戦のオーストリアグランプリでポイントを獲得するポジションに戻ったと語った。

だが、マクラーレンがインディカーチャンピオンのアレックス・パロウと契約し、最近のコルトン・ハータがF1テストを実施するというニュースがヘッドラインを飾り、再びダニエル・リカルドの憶測は蔓延している。

ダニエル・リカルドは2023年末まで契約を結んでいるが、若いチームメイトのランド・ノリスのペースに匹敵するのに苦労しているため、一部報道では、今シーズン末でF1を辞める可能性も伝えられた。

さらにF2チャンピオンでアルパインF1チームのリザーブであるオスカー・ピアストリ、ウィリアムズのF1ドライバーであるアレクサンダー・アルボン、そしてアストンマーティンとの契約が2022年末に満了する4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルといった名前がダニエル・リカルドの2023年の後任候補として名前が挙げられてさえいる。

しかし、ダニエル・リカルドは水曜日の朝に噂を却下するためにソーシャルメディアで声明を発表し、彼の将来を取り巻く憶測に終止符を打つことに動いた。

「F1での僕の将来については多くの噂があるけど、それについて僕の言葉を聞いてほしい」とダニエル・リカルドはソーシャルメディアに投稿した。

「僕は来年の終わりまでマクラーレンにコミットしており、スポーツから離れることはない。いつだって簡単だったわけではないけど、簡単なことなんて望んではいないことあお理解してほしい!」

「改善し、車を本来いるべきフロントに返り咲かせるためにチームと本当に一所懸命働いている。まだこれまで以上に臨んでいる」

「ル・カステレで会おう。ダニエル」

今シーズン初めのスペインGPに先立ち、ダニエル・リカルドは、彼の闘争と、疑惑者が間違っていることを証明しようと決心している理由を明らかにした。

「現実には、6か月で運転する方法を忘れてはない。競争力は失ってない。それは、僕が抜け出すことができるとわかった瞬間のようなものだ」とダニエル・リカルドは語った。

「かいつまんで話すと、僕はまだそれができることを知っていて、100%自分自身を信じている。昨年は少し揺らいでいたとしても、間違いなく戻ってきた。紙の上で見るのは簡単で『まったく変わりはない』という感じだけど、僕はそれを続けていく」

「人々は忘れていると思うし、今、僕はそれを人々に思い出させることに興奮している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン