マクラーレンF1のダニエル・リカルド 「疑いは僕の中に小さな火をつけた」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、自分のパフォーマンスに没頭するよりも、現在の問題を克服するという挑戦を「楽しんでいる」と語った。

ダニエル・リカルドは、これまでのシーズンを通してチームメイトのランド・ノリスよりも大幅にパフォーマンスが劣っていたため、マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、リカルドには契約を1年早く終了できる「メカニズム」があることを認めるほどの失望を示した。

ダニエル・リカルドは、少なくとも2023年の終わりまでマクラーレンF1にとどまる予定であり、モナコでの困難な週末の後、レースの合間にマクラーレンのファクトリーでシミュレーターで多くの時間を費やし、ミーディングを重ねた。

ダニエル・リカルドは、他の人が間違っていることを証明し、自分に何ができるかを証明しようとする挑戦を楽しんでいると語る。

「僕の一部はそれが大好きだ。好き、それが真実だ」とダニエル・リカルドはFormula1.comに彼の批評家に答えたいと言った。

「つまり、このスポーツで僕が気に入っていることの1つであり、何かの頂点に立つことを目指せば、常に脚光を浴びることになる。そして、常にその注目、そのプレッシャーがある。、そして、そのような状況下でパフォーマンスを発揮することができるとき、それは最も強力でやりがいのある感情の1つだ」

「もちろん、そこにはくだらないおしゃべりがあり、現時点で多少のノイズがあることを知っているけど、僕にとってそれは好きなことで、押しのけたり、人々に思い出させるための正当な理由のようなものだ。何よりもまず、自分にまだそれができることを自分自身に思い出させるようなものだし、僕はまったく疑いを持っていない」

「そうだね、それは楽しいことだ。今年は本当に素晴らしいことを何もできていなかったので、人々が話していることに問題はない。それがこの仕事につきものであることを僕は知っている。でも、僕はまだ自分に何ができるかを知っているし、遅くではなく、速くにそれを示すことを楽しみにしている」

「僕は疑いが好きだ。それは僕の中にこの素敵な小さな火を作るようなものだ。僕はそれを完全に楽しんでいる」

迎えたアゼルバイジャングランプリで、ダニエル・リカルドはチームメイトのランド・ノリスに先んじて8位でレースをフィニッシュ。今シーズン2度目のポイントを獲得した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン