ダニエル・リカルド 「マクラーレンF1と契約があることに満足することはない」
ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1チームの全面的なサポートがあると言われているからといって、F1での将来に満足していないと主張する。

マクラーレンF1でのダニエル・リカルドのポジションについての憶測は、CEOのザク・ブラウンがオーストラリアの結果が期待に応えておらず、契約のなかに彼らが別れる結果となる可能性のある「メカニズム」があると述べたモナコグランプリの週末に現れた。

ダニエル・リカルドは、2023年末までマクラーレンF1と契約を結んでいるが、ザク・ブラウンのコメントは、来年に状況が変わる可能性があることを示唆していると解釈された。

アゼルバイジャングランプリに先立ち、ダニエル・リカルドはモナコ以降のザク・ブラウンとの関係を明確にし、計画に変更はないと確信していると語った。

ただし、ダニエル・リカルドは自分のシートは安全であると確信しているからとしって、それに満足することはないと述べた。

「絶対にそんなことはない」とダニエル・リカルドは語った。

「シーズンの早い段階である程度の快適さを得られるレベルの契約があるけど、その快適さは自己満足と誤解されるべきではない。絶対にそんなことはない」

「僕は自分の結果がもっと良くなることを望んでいる。それと同じくらいシンプルなことだ。僕はもっと良い結果を出せることを知っている。そして、僕はチームとその成功を楽しみたいと思っている」

「だから、13位にあぐらをかいて、それに満足したり、ハッピーになるつもりはない。まったくない」

ダニエル・リカルドは、ザク・ブラウンが行ったコメントにもかかわらず、彼と彼の上司は、状況を整理し、2023年にいくらかの勢いを構築することで完全に一致していると語った。

メディアの報道が出て以来、ザク・ブラウンと状況について話し合ったかと質問されたダニエル・リカルドは「話をした」とコメント。

「僕たちはキャッチアップした。詳しく説明する必要があるものは何もなかったと思う」

「時に僕たち、そして、僕もそうだけど、メディアに巻き込まれて、必ずしも物事を完全に理解しているわけではないという罪を起こすことがある。でも、僕たちにとって前に進んでいることは明らかだ」

「来年末までチームとの僕の契約は明確だ。僕は完全にコミットしているし、それを表明してきた」

「当然、これからはコース上でそれを示し、これらの瞬間、これらのレースで僕が知っている自分の力を示していくことが重要だ。そして、チームの完全なサポートがあると本当に信じているし、僕たちは一緒にそれをやっていきたいと思っている」

モナコの週末のダニエル・リカルドに関するザク・ブラウンのコメントのトーンは、チームの以前のスタンスとは変化であるが、リカルドは自分が言われたことに驚かなかったと語った。

「ある意味で僕はメディアに対して少し免疫があるのかもしれない。かなり長い間スポーツに参加しているからね」とダニエル・リカルドは語った。

「いくつかのことが文脈から外されることを知っている。だから、あまり深読みして、理解しようとするのは好きではない。結局のところ、事実を知っているのは、僕たちと僕のチームだと思う」

「だから、シンプルに僕はそういったことに巻き込まれることはない。だから、ノー、最近は何にも驚かない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン