ダニエル・リカルド、アストンマーティンF1移籍が良い選択肢?
ダニエル・リカルドがマクラーレンF1のシートを失った場合、アストンマーティンF1は“良い家”になるだろうると元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルとF1ジャーナリストのトム・クラークソンは提案する。

マクラーレンで2シーズン目を迎えているダニエル・リカルドは、2023年末までの契約を結んでいるが、早期契約解消について多くの憶測が飛び交っている。2021年のF1イタリアGPでの勝利を除けば、マクラーレンとダリカルドのパートナーシップは決して成功しているとは言えない。

マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、ダニエル・リカルドが「期待に応えられていない」と発言。リカルド自身もそれを認めている。

最近、ザクブラウンは、ダニエル・リカルドの契約における「メカニズム」について話し、早期契約解消についての憶測を引き起こしました。それが実現した場合、トム・クラークソンは、ダニエル・リカルドがF1キャリアを継続できるチームとしてアストンマーティンF1を提案しました。

現在、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが、チームオーナーのローレンス・ストロールの息子であるランス・ストロールとチームのためにドライブしているが、今シーズン以降のベッテルの将来は疑わしいものとなっている。

現在、アストンマーティンF1は、タイトル争いから離れているが、そこに到達することがチームの目標であり、トム・クラークソンは、ダニエル・リカルドが2023年に加入することが、チームとドライバーにとって非常に理にかなっていると感じていると述べた。

「セバスチャン・ベッテルの将来については少し憶測があると思う」とトム・クラークソンはF1 Nationのポッドキャストで語った。

「彼は公に『来年何をするかわからない』と言っている」

「彼が今年の終わりにアストンマーティンを去った場合、そして、ダニエル・リカルドがマクラーレンを去った場合、私はリカルドとのために良い場所だと見ることができる」

「小さいチームだ。大丈夫、それは大きくなっている。しかし、まだ小さなチームの考え方を持っている。ダニエルは歓迎されると思う。彼の性格はその場所を明るくし、彼はすぐに自分の周りにチームを作り上げるだろう」

1996年のF1ワールドチャンピオンであるデイモン・ヒルは、その架空の状況をバルテリ・ボッタスのアルファロメオへの移籍と現実の状況に例えた。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1での5シーズンで7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ルイスハミルトンとのタイトル争いに挑戦することができ、2022年にアルファロメオF1に移籍。今では間違いなく彼のキャリアの中で最高のフォームになっている。

「ボッタスの要因について話していいよね?」とデイモン・ヒルは語った。

「彼はまるで別人だ。チーム全体を自分自身のものにして、冗談を言っている・・・」

「ダニエルが移籍して、次の2~3年間でそのような経験をするのを見たい思っている」とトム・クラークソンは付け加えた。

とはいえ、アストンマーティンがダニエル・リカルドと契約した場合、彼らはコンディションが良くないドライバーと契約することを意味する。現在、リカルドはマクラーレンでランド・ノリスに打ちのめされている。

デイモン・ヒルは、これがアストンマーティンF1のチーム代表であるマイク・クラックにとって懸念事項になると感じている。

「バルテリはトップチームから非常に良いフォームで加入したダニエルは自分のポテンシャルを最大限に引き出すことができないように見える」とデイモン・ヒルは語った。

「なぜそのようなドライバーに契約するだろうか? もし私がチームマネージャーのクラックだったら、ダニエル・リカルドとの契約は心配になるだろう。彼は彼のフォームを回復できることを示さなければならないと思う。それが私のアドバイスだ」

「ナタリー(ピンカム…F1 Nationにも出演しているレポーター)は、彼が最も市場性のあるドライバーであると主張していたことを私は知っている。もちろん、彼は素晴らしい。彼は物事のマーケティング面で真の売り手だが、今は勝っていない。それはどんなレーシングドライバーにとっても常に致命的だ。パフォーマンスを発揮しなければならない」

「そして、彼は自分にそれができることを知っている。それはあの車の中にあるものだ。彼らはダニエル・リカルドがあの車にと寄って、彼を最大限に活用するために必要な感覚を彼に与えていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / アストンマーティン