F1:ダニエル・リカルド 「軽量化のためにドリンクボトル内の飲料も低減」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、チームが重量を節約するために飲料の割り当てを減らしたことでマイアミGPがさらに厳しくなったと認めている。

すべてのF1チームは、2022年F1マシンに重量を減らすことに苦労している。ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1がドリンクボトルの飲料の量でそれを達成しようとしており、実際にマイアミのレースコンディションでは望んでいるよりも足りなかったことを明らかにした。

ダニエル・リカルドは、レースの大半でペースに苦労し、チームメイトのランド・ノリスのクラッシュにとって出動したセーフティカー期間中にソフトタイヤに交換してもあまり役に立たなかった。

ダニエル・リカルドは11位でラインを越えたが、ケビン・マグヌッセンとの戦いでコースを外れてアドバンテージを得たとして、タイムペナルティを科されて13位に降格した。

レース後の他のドライバーと同じように、ダニエル・リカルドはフロリダの高温多湿のコンディションの影響をはっきりと示した。

シンガポールやマレーシアのようなレースと比較してマイアミはどうだったかと質問されたダニエル・リカルドは「そうだね、暑さは要因だった」と語った。

「それもタフだし、なぜなら、全員が最後のウェイトのために戦っているのは明らかだからだ。

「僕たちはドリンクシステムに3リットルを入れる余裕はない。少ししか入れていないし、それは決して十分な水分ではない」

「当然、脱水状態になってしまう。そうだね、この暑さはかなりリアルだった」

「明らかにタフな暑さだった。今日は誰もが明らかに一生懸命働いていた。暑かったし、ドライバー、メカニック、みんなが暑さを感じていた」

レース終盤、ダニエル・リカルドは自分がポイントを獲得したと思っていたが、ペナルティを受ける前に自分が11位であったことを後で知った。

「実際、ラインを越えたとき、正直に自分は10位だと思っていた」とダニエル・リカルドは語った。

「もちろん、あちこちでバトルやコースオフするマシンがいたのでわかりにくい。でも、ポイント圏内にいるために、何台の車がいなくなって、自分が何台追い抜いたかを頭の中で計算をしていた」

「でも、足りなかった。それで、今日は『何かできたかもしれない』ということはなかったと思う。僕たちはただ十分に速くなかった」

「ただついていっただけだった。みんながトウにいるとき、僕たちはまだストレートで少し欠けていると思う。少しのドラッグなどだと思う」

ダニエル・リカルドはソフトタイヤへの遅い交換が後押しとなることを望んでおり、数台の車をパスしたが、最終的にはほとんど違いはなかった。

「確かにセーフティカーには興奮した」とダニエル・リカルドは語った。

「前に古いハードの車が何台かいた。でも、あまりハードで順位を上げることはできなかった。僕にとって素晴らしいタイヤのようには感じられなかった」

「何か示せるものがあると思っていた。ある意味、彼らについていっていたけど、印象を与えるには十分ではなかった」

「結局のところ、おそらく十分な速さがなかった」

チェッカーフラッグの後、ダニエル・リカルドは「自分がなぜ罰せられたのかわからなかった」と認めたが、「全体像は僕のレースを変えることはない」と認めた。

ダニエル・リカルドは、次戦のバルセロナのトラックがマクラーレンにより適していることを期待していると語る。

「まだ言うのは難しいけど、今週末よりも良いことを願っている」とダニエル・リカルドは語った。

「確かに僕たちは少し後手に回っていたけど、それはある意味で少し去年の闘争のように感じた」

「ザンドフォールトのようないくつかのレースとこのサーキットにはいくつかの類似点がある。コーナーが長く、昨年は1ポイント争っていた」

「この種のレースは、僕たちがそこにいたときのように感じたけど、大きな印象を与えるには決して十分ではなかった」

「だからもっといいかもしれない。去年はバルセロナは私にとってより良いサーキットだったし、それが何かを意味することを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン