ダニエル・リカルド 「F1ファンが見たいのはマクラーレンvsフェラーリの優勝争い」
2021年F1シーズンはレッドブル vs メルセデスのスタートとなったが、ダニエル・リカルドは、F1ファンが本当に見たいのはマクラーレン vs フェラーリの戦いだと考えている。

2021年のF1世界選手権の主役は、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンだったが、名門チームのマクラーレンとフェラーリも3位争い、両チームが表彰台を落としたときには、そのスポットを争った。

マクラーレンは、2021年に1-2フィニッシュを達成した唯一のチームであり、フェラーリとともにそれぞれ5回の表彰台を獲得した。

最終的にコンストタクターズチャンピオンシップで3位の座を獲得したのはフェラーリだったが、ダニエル・リカルドは、マクラーレンとフェラーリとの戦いが2022年も続くことの兆候であることを望んでいると語る。

「やっぱりフェラーリだし、外から見ればクールなストーリーだ。2つのチームは何年も低迷しているけど、史上最大の2チームだからね」とダニエル・リカルドは語った。

「そして、今、彼らは戻ってきて、戦っている。あとは1位を目指した戦いであるかだ! それが本当に多くのファンが望んでいるとストーリーだと確信している」

マクラーレンはシーズン前半にアドバンテージを維持し、ダニエル・リカルドとランド・ノリスは合計163ポイントを獲得して夏休みに入った。

マクラーレンは、F1イタリアGPでダニエル・リカルドが優勝、ランド・ノリスも2位でフィニッシュし、チームにとって11年ぶりの1-2フィニッシュを果たしたが、その後、フェラーリはアップデートされたパワーユニットで競争力を高めた。

最終的にフェラーリは、マクラーレンを48.5ポイントを上回ってランキング3位を獲得した。

シーズン後半に敗れたものの、ダニエル・リカルドはフェラーリとの戦いを本当に楽しんだと語る。

「戦うために何かがあると常により楽しくなる」とダニエル・リカルドは語った。

「レッドブルとメルセデスがあまりにも前にいて、フェラーリはあまりにも遅れて、僕たちが孤独な3位争いをしていても、それほどエキサイティングではないと思う」

「僕は追跡するターゲットがいるのが好きだし、楽しかった。僕たちは彼らに集中して、倒そうとしていた。でも、それはよりチームとしてのことだ。僕は、日曜日にヘルメットをかぶって、ライトが消えれば、ドライバーとして個人的に考えている。マシンの色は関係ない。彼らを倒せると思ったら、倒しにいく」

「マシンに乗っていて、実際、それが行動を変えることはない。でも、そういった目標や戦いがあることはチームのためになると思う。モチベーションとは言いたくないけど、少しそういったものを生み出してくれる。でも、目標があるからそこ、毎週末、本当に頑張れるし、僕たち誰一人として満足するはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン