マクラーレンF1のダニエル・リカルド 「自分ならホームウィンをチームメイトに譲らない」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、ホームレースで勝つことはすべてのドライバーの夢だと語り、タイトルが決定する最終戦でもない限りは、自分ならチームメイトに勝利を譲ることはないと語る。

今週末のF1メキシコGPでセルジオ・ペレスは、勝利を目指せるレッドブル・ホンダのマシンでホームレースに臨む。新型コロナウイルスで昨年のレースがキャンセルされたこともあり、ファンは地元のヒーローの凱旋を心待ちにしている。

実際、水曜日にメキシコシティのパセオデラレフォルマで行われたレッドブル・ホンダのショーランには13万人の観客が詰めかけた。

しかし、チームメイトのマックス・フェルスタッペンはルイス・ハミルトンとのタイトル争いの真っ只中であり、少しでも多くのポイントが重要となるため、仮にペレスが前の1-2になった場合、チームオーダーが発令される可能性がある。

チームオーダーによって勝利を奪われる可能性について質問されたセルジオ・ペレスは「複雑な問題だ」と語っている。

ダニエル・リカルドは、チームメイトのためにホームウィンを諦める準備ができていないことを認める。

「今のところ、僕の答えはノーだ。譲ることはないだろう」とダニエル・リカルドは語る。

「それがシーズンの最後のレースであり、そのポジションの交換が文字通りワールドタイトルを意味するならば分からない。それはより複雑な意思決定プロセスだ」

「ホームウィン…それは子供の頃に夢見ることだ。コース上でそれを勝ち取ることができるなら、自分のものであるべきだと僕は感じている」

今週末の見通しについて、ダニエル・リカルドは、コンストラクターズ3位争いにおいてフェラーリがもたらす脅威を認識している。現在、マクラーレンのリードはわずか3.5ポイントであり、リカルドはフェラーリの前でフィニッシュするためのトライを楽しみにしていると語る。


「これから、すべてのレースで同じ質問、同じチャレンジがあるだろう。コンストラクターズ3位の決闘だ」とダニエル・リカルドは語った。

「フェラーリはオースティンで僕たちよりも少し多くのポイントを獲得したけど、僕たちは良い戦いをしたと思う。ここでも再びそれを目にすることになるだろう」

「理論的には、このトラックが僕たちにどのように合うかは分からない。実際にはかなりまずまずだと覆う。全般的に、現時点では彼ら(フェラーリ)の方が良いパッケージを持っているので、僕たちは毎週末そのために働く必要がある。最後までね。でも、楽しみにしている。このような戦いができてうれしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / F1メキシコGP