F1:ダニエル・リカルド 「シリル・アビテブールとのタトゥーの賭けは生きている」
ダニエル・リカルドは、ルノー時代のボスであるシリル・アビテブールにタトゥーを入れるという賭けはまだ生きているが、時間はなくなりつつあり、早く実行しなければ「古いニュース」になってしまうリスクがあると語る。

2019年と2020年のルノーでの2年間で、ダニエル・リカルドは当時のチーム代表であるシリル・アビテブールと表彰台を獲得したら、アビテブールに初めてのタトゥーを入れるという賭けをした。

そして、昨年のF1アイフェルGPでダニエル・リカルドは、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペン次ぐ3位表彰台を獲得して、ルノーにワークス復帰後初となる表彰台をもたらし、シリル・アビテブールとの賭けに勝った。

当初の計画では、昨年の冬にタトゥーを入れる予定だったが、ダニエル・リカルドはマクラーレンに移籍し、シリル・アビテブールがルノーがアルピーヌへとブランド名を変更するなかで、ルノーを離脱。状況は複雑になった。

さらにシリル・アビテブールは、F1以外のキャリアの機会を追求したため、その賭けは保留のままで自然消滅すると考えられていた。

しかし、F1イタリアGPでマクラーレンでの初勝利を挙げたダニエル・リカルドは、最近、シリル・アビテブールから連絡があったとし、賭けが再開されたことを示唆。そして、それを迅速に遂行しようとしているろリカルドは語る。

ダニエル・リカルドは、シリル・アビテブールから電子メールを受け取り、すぐには返答しなかったが、古い賭けを推し進めるつもりだったと語った。

「圧倒的な数の電子メール、WhatsAppメッセージなどを受け取ったけど、その中に彼からの電子メールがあった」とダニエル・リカルドは説明した。

「タトゥーの話題があったので、今年が終わるまでにそれを成し遂げることができると僕はまだ非常に楽観的だ。そうでなければ、それは明らかにズルズルと古いニュースになってしまうので、僕はそれを実現することを決意している」

昨年、タトゥーのデザインの可能性について語ったリカルドは、ドイツをテーマにした何かにして、彼らの成功の場所を反映することを望んでいると語っていた。

「これから、僕たちは少し考え事をしなければならない。でも、おそらくそれは僕と関係があるものになるだろう。でも、ドイツのフレーバーを考えている」とダニエル・リカルドは語った。

「もちろん、それは僕たちが達成した場所だ。ドイツの伝統的なものにちょっとしたヒントがある」

今年、ダニエル・リカルドはマクラーレンのCEOであるザク・ブラウンと表彰台について賭けをしたが、タトゥーは含まれていなかった。

代わりに、ダイエル・リカルドはザク・ブラウンのコレクションの一部であるデイル・アーンハートの1984年のシボレーモンテカルロNASCARで走行する機会を与えられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン