ダニエル・リカルド 「ハミルトンが負傷していたらマックスは助けた」 / F1イタリアGP
ダニエル・リカルドは、F1イタリアGPのクラッシュでルイス・ハミルトンが負傷したと思えば、マックス・フェルスタッペンは助けに向かったと確信している。

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、F1イタリアGPのシケインで接触。フェルスタッペンのマシンはハミルトンの頭上に乗り上げ、グラベルで両者リタイアとなった。

この事故でルイス・ハミルトンを重傷から救ったとしてヘイローが再び脚光を浴びることになった。しかし、頭痛と首の痛みについて明かしたルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンがクラッシュ後に自分の状態を確認せずに立ち去ったことに驚きを表明した。

ハローは接触の結果として頭痛と首の痛みについて話しましたが、ハミルトンを重傷から救いました。また、フェルスタッペンがクラッシュ後に彼をチェックするために一時停止せずに立ち去ったことに驚きを表明しました。

しかし、ダニエル・リカルドは、マックス・フェルスタッペンを含めたドライバーは、別のドライバーに深刻な怪我があったと思った場合は確認しに行く確信している。

「僕はマックスのことをを知っている。僕は数年間彼とチームメイトだった」と Pardon My Take に語った。

「あれが彼だ。彼は競技者だ。彼はコース上ではそうするだろうし、そういうものだ」

「彼はおそらくまだシルバーストーンの欲求不満や怒りがあったと思うし、おそらくそれが彼に『これが自分のなすべきことだ。放っておこう』と思わせたんだと思う」

「ルイスはリバースに入れて脱出しようとしていたので、おそらくマックスはそれを見て、彼は『OK、彼は大丈夫だ』と思ったんだと思う」

「確かに僕たちすべてのドライバーがライバル関係にあるし、全員が仲良くなれるわけではないのは確かだ。でも、クラッシュしてし、その男が負傷していることが分かれば、僕たち全員が100パーセント助けに行くと信じている」

「何か深刻なことだとわかっていれば、背を向けることはない」

シルバーストンに続いて2回目のクラッシュを起こしたことで、タイトルを争っているにしても、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンはもっと良いバトルをする必要があると激しい議論が展開された。

ダニエル・リカルドは、F1グリッドには“オール・オア・ナッシング”の考え方を持ったドライバーがいることを認め、そのアプローチを批判していないが、マックス・フェルスタッペンがモンツァにあったと思っていたチャンスは実際にはなかったと感じている」

10位でフィニッシュするくらいならあらゆるリスクを冒すドライバーはいるかと質問されたダニエル・リカルドは「確かにそのようなドライバーは数人いる」と答えた。

「やり残すことがないようにするという点で、それは良い考え方だと思う。でも、明らかにマックスとルイスは現在チャンピオンシップのために戦っているので、それが唯一の精神であるならば、何度もやらかすことになるだろう」

「とにかくタイミングを選ぶことだと思う。できる限り損失を減らすとは言いたくないけど・・・そういった意味では、日曜日のインシデントでマックスがやったことは愚かではないと思う」

「彼はチャンスがあると思ったんだと思う、彼はそれを目指しました。明らかに完全にはそこになかったかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル / ルイス・ハミルトン / F1イタリアGP / マックス・フェルスタッペン