レッドブルF1のヘルムート・マルコ、苦戦する教え子リカルドに「あきらめるな」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マクラーレンF1で苦戦している教え子ダニエル・リカルドに「あきらめるな」とエールを送った。

F1モナコGPでチームメイトのランド・ノリスは、チームメイトのランド・ノリスに周回遅れにされたレース後、自分の幻滅はマックス・フェルスタッペンとチームを組んだレッドブルF1での最終年の2018年まで遡ると語った。

モナコでチームメイトのランド・ノリスにラップされた後、リカルドはレキップに、自分の幻滅は2018年まで遡ることができると語った。

「僕のキャリアの中で最悪の年の1つでした」とダニエル・リカルドは L’Equipe に語った。.

「モナコで勝って、僕は世界の頂点に立った。突然、何もなくなった」

「あれが僕の最後の勝利であり、最後の表彰台だった。メキシコの後、次のレースに行きたくなかったのを覚えている。もちろん、自分が行くだろうということはわかっていたけど、それは当時僕がどんな経験していたことを知ることができる」
現在31歳のこのダニエル・リカルドは、そのシーズンの終わりにレッドブルを辞めてルノーに加わるという決定でF1に衝撃を与えた。そして、現在、リカルドは2021年のマクラーレンでひどく苦しんでいる。

「しばらく前にカルロス(サインツ)に出くわした時、彼は『マシンについてどう思う?奇妙だよね?』と言っていた」とダニエル・リカルドは回想し、マクラーレンのF1マシンについて言及した。

特に2021年にフェラーリとレッドブルに断られた後、ダニエル・リカルドは、自分のF1キャリアに幻滅していると見る者もいる。

しかし、ヘルムート・マルコは「彼はまだあきらめるべきだとは思わない」と sport1.de に語った。

レッドブルF1のドライバー責任者を務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルがモナコで調子を取り戻したことを挙げ、それはダニエル・リカルドが次のレースで同じことをできるという証拠だと語った。

「すべてが再び正しなれば、昔のクオリティは復元する。それがリカルドにも起こることを願っている」とヘルムート・マルコは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル / マクラーレン