ダニエル・リカルド、ピエール・ガスリーとの接触でフロアにダメージ / F1バーレーンGP決勝
マクラーレンF1は、2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの決勝で7位入賞を果たしたダニエル・リカルドのマシンが、ダニエル・リカルドとの接触によってフロアにダメージを負っていたことを明かした。

オープニングラップのニキータ・マゼピンのクラッシュによるセーフティカー後のリスタートで、ピエール・ガスリーは、ダニエル・リカルドに攻撃を仕掛けた際にフロントウイングを破損した。

マクラーレンF1との最初のレースを7位でフィニッシュしたダニエル・リカルドのマシンは当初は無傷のように思われた。リカルドは、チームメイトのランド・ノリスに20秒以上遅れてフィニッシュしたものの、マクラーレンとの初レースで堅実なポイントを獲得した。


だが、マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、レース後のマシンチェックの後、ピエール・ガスリーとの接触によってダニエル・リカルドのフロアは破損しており、その結果、ダウンフォースが失われ、レース中のペースに影響を与えていたことを確認した。

「レース後、ダニエルのフロアには、レース開始時にピエールがマシンの後部にぶつかったことによる損傷が見つかった」とアンドレアス・サイドルは語った。

「かなりのダウンフォースを犠牲にするダメージレベルだった。しかし、パフォーマンスの低下にもかかわらず、ダニエルは彼の経験を生かして問題に対処し、チームにとって重要なポイントを獲得した。次のレースを楽しみにしている」

レース後の、ダニエル・リカルドはマクラーレンF1との最初のレースでポイントを獲得したことには満足しているが、チームメイトと平等な関係を築くためにはまだ改善すべき領域があることを認めた。

「間違いなく学習的なものだった」とダニエル・リカルドは語る。

「ポイントだけでなく、周回数という点でもレースを完走できたことがポジティブなのは確かだ。レースでは注意して覚えておく瞬間がいくつかあったし、チームにできるだけ多くのフィードバックを提供できるだろう」

「タイムを失っていた場所を学び、理解することもたくさんあると確信しているので、確かにマシンのなかでのことはもっと良くなるはずだ。しかし、僕はとtめおオープンマインドだし、すべてを完璧に行っているわけではないと思っている」

「どちらの側も良くなり続けることができる。ポジティブな点は、ランドが4位で、レースペースが強かったことだ。だから、実際にぼくっちはこれから仕事をするのにかなり良い状況にある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン