ダニエル・リカルド 「自分は勝利を狙える数少ないF1ドライバーの一人」
ダニエル・リカルドは、F1ドライバーのなかでルイス・ハミルトンと戦い、“いつでも”勝つことができる限られたグループに属していると主張する。

過去2シーズン、メルセデスF1とルイス・ハミルトンの優位性は圧倒的だったが、グリッドの数名のドライバーは時折ハミルトンとと互角の勝負を演じた。

ルノーF1での初年度となった2019年のダニエル・リカルドの成績を期待をはるかに下回り、2021年のマクラーレンへの移籍を後押しすることになった。

ダニエル・リカルドは、他の数名のライバルと同じようにルイス・ハミルトンの連覇にストップをかけたいと決意している。

「スポーツにユニコーンは滅多にいない」とダニエル・リカルドは Autocar に語った。

「いつでも勝てる才能を持少数の人々は常に数人存在する。それは僕たちのスポーツも例外ではない」

「僕はトップレベルのグループに属していると思っている。僕と他の少数のドライバーは同じ車に乗れば、彼にタイトルを挑めると信じている」

しかし、実際にはどれだけ才能があっても、勝利を目指して戦うことができるF1ドライバーは一握りなのが現実だ。

「自分はトップグループにいる。マシンを限界までプッシュする才能や能力、スキルに関しては、僕たちのなかにもそこに到達できる人は数人いる」

「でも、僕たちには適切なマシンが必要だ。このグループにとっての差は、スピードよりも、レースごとに結果を出せる能力の方が重要だ」

「どの日でも僕たちの何人かは勝てる可能性がある。ルイスにそれを手渡してしまっているのは、彼が何度も何度もそれをしているということだ」」

「クルマを越えて、その小さなグループを隔てるものは、毎週、毎週、このスポーツが投げかけるすべてのものに対処するための精神的および肉体的能力だ」

「健康があまり良くない日、少し時差ぼけを感じている日、または悪い週を過ごした日がある。それでもクルマに乗って悔過kを出すことができれば、チャンピオンになれる」

ダニエル・リカルドは、適切なエキップメントで武装できればハミルトンと戦えると自信を持っている一方で、コースに出るに乗るたびに結果を出し続けるハミルトンの卓越した能力を高く評価している。

「ルイスとのポイント、つまり彼を特別なものにしているポイントは、彼がそれを6回行ったことだ」とダニエル・リカルドは語る。

「たとえ、皆さんが彼が最高のエキップメントを持っていると主張したとしても、その成果は驚くべきものだ」

「毎年、自分自身を維持して、自分自身をプッシュし続け、僕たちが首を取ってやろうという存在であることのプレッシャーを背負うことは驚くべきことだ」

「自分に自信はあるじ、彼と戦ってタイトルを獲得することができると確信している。毎年彼と戦い、倒すことができるか? わかりません。それはある程度の成果であり、それは尊敬に値することだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / マクラーレン