ダニエル・リカルド 「少なくとも1回はF1王者になれると期待していた」
ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、少なくともこれまでに1回はF1ワールドチャンピオンになれると期待していたが、自分のキャリアの展開に後悔はないと主張する。

2014年にトロロッソからレッドブルに昇格したダニエル・リカルドは、4度のF1ワールドチャンピオンであるチームメイトのセバスチャン・ベッテルを倒してランキング3位を獲得。2016年にも再び3位となった。

レッドブル所属時に7勝を挙げたダニエル・リカルドだが、持続的なタイトルへの挑戦を行うことができず、2019年にルノーF1チームに電撃移籍を果たしている。

F1での10シーズン目に先立ち、ダニエル・リカルドは、レッドブルとの輝かしい2014年シーズンに続き、少なくとも1回はF1ワールドチャンピオンを獲得できることを期待していたと認める。

「2014年シーズンを終えて、2020年を見てみると、1~3回のワールドタイトルを期待していた」とダニエル・リカルドは語る。

「2014年以降に驚いていないのは確かだ。どちらかと言えば、少し圧倒されていたかもしれない」

「でも、2011年から今までに自分がスポーツに与えたインパクトと自分が置かれていた場所には満足しているし、誇りに思っているのは確かだ。でも、まだそのレベルにはいないし、終わっていないのも確かだ」

「自分が進んできた道にはかなり満足している。あまり『ああ、その契約をするべきだった、これとあれはするべきではなかった』と振り返るようなことはしない。かなり満足している」

「今日、僕のキャリアが終わったとして、ワールドタイトルを獲得できていないことに失望するか? それはイエスだ。でも、その10年間で実際にそれを変えるために何かできただろうか? おそらくできなかった」

「でも、終わってはいないし、僕たちはいい感じだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー