ダニエル・リカルド 「レッドブルとタイトルを獲れれば完璧だった」
ダニエル・リカルドは、レッドブルでF1ワールドチャンピオンを獲得することが“完璧”なシナリオだったと語り、ルノーでタイトル獲得の夢を達成するためにそれほど長く待つことは望んでいないと警告した。

今年、ダニエル・リカルドは長年共に戦ってきたレッドブルを離れてルノーに移籍。ルノーは2021年までに再びタイトル争いの候補になると信じている。

しかし、トップ3チームとのギャップを縮めるという2019年のルノーは期待は実現されておらず、そればかりかエンジンカスタマーのマクラーレンとコンストラクターズ選手権4位の座をかけて戦っている。

ダニエル・リカルドは、ルノーのF1プロジェクトに引き続きコミットしているが、2020年に進展がみられることを期待していると語る。

2021年前にルノーを離れる可能性について質問されたダニエル・リカルドは「今年からさらに後退して、僕が期待している場所にいなければ、そのあとは・・・」と Channel 4 にコメント。

「理想的には前進して、そうだね、残ることだ」

「レッドブルに少し似ている。機能するようになるには5年で十分だと感じている。本当はレッドブルとタイトルを獲得したかった。僕をF1に連れてきたくれたのは彼らだし、彼らとタイトルを獲得できれば完璧だった」

「今、この全体がルノーに移行した。理想的には2021年に再契約することだ。物事が進んでおり、リアルなチャンスがあるからだ。もし後退して、何らかの理由でポジティブに見えない場合は、その橋を渡ることになると思う」

ダニエル・リカルドのより直接的な懸念は、2020年にルノーにフランス出身のエステバン・オコンが加入したことだ。レッドブルでは将来を期待されるマックス・フェルスタッペンが優先された」

「彼の歴史についてはあまり知らないけど、彼とマックスがF1の前年にF3タイトルを争っていたのは確かだ。その戦いではオコンがマックスに勝ったと思う」

「彼にマックスのスタンダードとクオリティがあれば、もちろん彼は遅くはないだろうし、非常に競争力のある強力なチームメイトになるだろう」

ダニエル・リカルドとルノーとの契約は2020年までとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / レッドブル