F1 ダニエル・リカルド ルノーF1
ダニエル・リカルドは、ルノーのF1マシンに自信を持つことができていないと認める。

F1バーレーンGP初日にはチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグが5番手タイムを記録したのに対し、ダニエル・リカルドはヒュルケンベルグから1.2秒遅れの15番手でセッションを終えた。ダニエル・リカルドは、主にソフトタイヤでペースを発揮することに苦しんでいる。

「特に午後の予選シミュレーションは少し難しかった」とダニエル・リカルドはコメント。

「僕はかなり遅れをとっていた。僕たちはとにかくその理由を理解しようとしているところだ。重い燃料でロングランではもう少し代表的だったように思うけど、もっと良くできると感じているのは確かだ」

「とにかくすべてが正しく対称的であることを確認したいと思っている。クルマの感触を掴んで自信を得る必要があると思っている。今日、それに苦しんだのは確かだし、僕たちはクルマをプッシュして、限界を見つけることができるというフィーリングを私に与えるために何をもっと良いくできるかを考え出そうとしている」

何が足りなかったと感じているかと質問されたダニエル・リカルドは「“もっと多くのグリップ”というよりもうまい答えはないかな」とコメント。

「トラックションかな。でも、トラクションだけではないし、改善しようとしていることはいくつかある。ドライバビリティ、乗り心地、クルマの反応など。そんな感じかな」

だが、ダニエル・リカルドは、すべてが失われたわけではなく、ルノーは土曜日の予選に向けて好転させることができるはずだと主張する。

「週末は決して終わってはいない」とダニエル・リカルドは語る。

「もし、スタッフが「ああ、クルマは完全に的を外していた。何かが間違っていた。僕たちはミスを犯した」と言えば、僕はよく眠れるかもしれないけど、それに頼ることはできない」

「エンジニアリングの観点からすると、調整できることはいくつかあると思う。今はちょっとしたことでかなりのラップタイムが得られると思う。とにかくクルマには僕から自信を失っているいくつかのことがある」

「クルマの中で少しタイムを組み合わせて、僕の中でタイムを組み合わせる。そうすれば、かなり早くに好転できるはずだ」

「逆にポジティブなのは、ニコが速いことだ。クルマにはそれがあると確信している。今日僕たちがそれを引き出すことができなかった理由を理解しなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー