F1 ダニエル・リカルド レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは、F1アブダビGP初日のフリー走行で3番手タイムをマークした。

「かなり良い金曜日だったし、2台とも順調だった。現時点で全員がとても僅差なので、明日も同じままであることを願っている。暑さでタイヤで確実に劣化しているし、それは僕たちの助けになると思う」とダニエル・リカルドはコメント。

「ハイパーソフトはフロントの摩耗が少し多いけど、ウルトラとソフトはリアの方が多い。タイヤに関しては他よりも良いとまでは言わないまでも僕たちはいつも通り良い状態にあるし、うまくやりこなして、レース中にアドバンテージを得ることが重要だ。今日はロングランが強く見えたし、ショートランではまだもう少し見つけなければならない部分があるけど、クルマにまだポテンシャルがあるのはエキサイティングなことだ」

「僕はモナコから力強い週末を過ごしてきたし、もうこれがチームとの最後のチャンスなので、さらに多くのことを望んでいる。まだ金曜日なのでレースでどのようなことが可能かはわからないけど、予選で良いパフォーマンスを発揮できれば、表彰台のどこかに上れるかもしれない」

関連:
F1アブダビGP フリー走行2回目:バルテリ・ボッタスがトップタイム
F1アブダビGP フリー走行1回目:マックス・フェルスタッペンがトップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル / F1アブダビGP