F1 ダニエル・リカルド
ダニエル・リカルドは、まだ2019年の契約についてメルセデスからもフェラーリからも連絡は来ていないと主張している。

ダニエル・リカルドは、F1中国GPで華麗なオーバーテイクショーを披露して通算6勝目を挙げたが、レッドブルとの契約は今シーズン限りで期限を迎える。

予てより、ダニエル・リカルドには、2019年に空席ができることが予想されるメルセデスもしくはフェラーリへの移籍が噂されている。

「彼らが僕とレースをしたいのであれば、僕に連絡してくるはずだと思うけど、まだ連絡はない」とダニエル・リカルドはコメント。

ダニエル・リカルドは、2021年にエンジンレギュレーションが変更になることを考慮して、新契約は2年契約を望んでいると語る。

「F1がどの方向に進んでいくかわからないし、あまり長く契約を結ぶことは望ましくないね」とダニエル・リカルドはコメント。

「人生が過ぎていくのかかなり速くなっていると感じている。毎年、状況は変わるかもしれないし、4年以上自分を縛って『もう走りたくない』というようにはなりたくない」

「理想的には2年契約を結びたいね。2年が快適なのは確かだし、そこから見極めていけると思う」

「その3年目にルールが変わることになるし、何が起こるか成り行きを見守ることになるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド | レッドブル