F1 ダニエル・リチャルド レッドブル・レーシング 2018年のF1世界選手権
ダニエル・リカルドは、レッドブルが2018年のF1選手権でライバルのメルセデスとフェラーリとタイトルを争えると考えている。

昨年、スタートで躓いたレッドブル・レーシングだったが、シーズンを通してマシンを改善。ダニエル・リカルドは、レッドブルがその勢いを維持して、上位勢を“攻撃”できると自信をみせている。

「良いインテンシティがあると感じている」とダニエル・リカルドはレッドブルのビデオインタビューでコメント。

「全員が興奮しすぎてはいない。僕たちは自分たちの望んでいる結果を出したければ、やらなければならない作業があることをわかっている。今年、僕たちは攻撃する意欲がある」

レッドブルは、メルセデスとフェラーリを倒せると信じているかと質問されたダニエル・リカルドは「そう信じている」とコメント。

「ルール変更はそれほど多くはないし、僕たちは去年かなりクルマを改善させたので、原則的に僕たちは今年にそれを持ちこして、そこから進化できるはずだ」

「僕たちはもっと頻繁に戦えるはずだ。時間が教えてくれるだろう。でも、自信を持っている」

レッドブルの進歩について楽観的ではあるものの、ダニエル・リカルドは特定の目標を設定するのはまだ時期尚早だと考えている。

「達成したい目標はある。必ずしも正しいとは言えないけど、開幕3連までに2回は表彰台にって、1回はポールポジションを獲りたい」

「自分自身を信じて、全てのレースにできる限り準備を整えることが重要だと思っている。そうすれば、それを最大限に生かせることはわかっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド